現役復帰を目指す元プロ野球選手の新庄剛志さんが、自身のインスタグラム(@shinjo.freedom)を更新。トライアウト用にデザインしたという“ド派手ユニホーム姿”を公開し、ファンを喜ばせている。

【侍ジャパン PHOTO】10年ぶりの世界一!歓喜に湧く選手たちの笑顔、表彰式、シャンパンファイトの様子をお届け!

 新庄さんは、ストーリー機能で「トライアウト用にデザインしたユニホームが今日届いたが、引退した時のユニホームを着てくれと言われた」とコメント。続けてフィード投稿で「shinjoデザインは諦めて日ハム背番号1でトライアウト出場するぜ」と綴り、お蔵入りとなるユニホーム姿を披露した。ユニホームは黒地にシルバーがメインのデザイン。背中には「CAN NOT」の文字、そして右肩には愛犬が描かれており、これまでにない斬新なデザインのユニホームとなっている。

 同投稿をチェックしたファンからは「shinjoデザイン超カッコいい」「もったいな〜い」「ツーさんしかできないデザイン」「戦隊モノのヒーローみたい」「ぶっとびユニホーム」「背中オーラ世界チャンピオン」「後ろ姿にオーラある人初めてみた」などと、絶賛の声が相次いで寄せられている。
  昨年11月に自身のインスタグラムでプロ野球復帰を宣言し、これまでインドネシアのバリ島にて1人でトレーニングに励んでいたが、12月7日のトライアウトを受けるため、8月に帰国。トライアウトまで残り18日。今後も48歳の挑戦から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部 
          この投稿をInstagramで見る                      

新庄 剛志(@shinjo.freedom)がシェアした投稿