女子ダブルス元世界ランク1位の杉山愛さんが、21日に自身のインスタグラム(@aisugiyamaofficial)で20日に引退したプロサッカー選手の増嶋竜也へ労いのメッセージを送った。

 増嶋は、市立船橋高時代に全国高校サッカー選手権などで活躍。卒業後FC東京に加入し、ヴァンフォーレ甲府、京都サンガF.C.、柏レイソル、ベガルタ仙台などを経て、地元のジェフユナイテッド市原・千葉が現役最後のチームとなる。各年代別の代表にも選出され、J1・265試合、J2・72試合出場という輝かしい結果を残した選手だった。

 10日にクラブから今季限りでの契約満了が発表された増嶋。20日にホームのフクダ電子アリーナで行なわれた今季最終試合が自身の引退試合となり、同日に引退した佐藤寿人、田坂祐介らとともにプロ生活の幕を閉じた。
  増嶋は元バドミントン日本代表の潮田玲子さんと結婚しており、杉山さんとは家族ぐるみでの交流もある。

 杉山さんは引退試合を家族で観戦し、ピッチに立つ増嶋の写真と、ユニフォームやタオルマフラーを身に付けて応援する家族の写真をインスタグラムに投稿。そして「ますくん 17年間お疲れ様でした。あの場で応援できて幸せでした」と労いの言葉を綴り、「やり切ったーーーっ‼︎ こう言って引退できる選手がどれだけいることか?選手として1番幸せなことだよね。本当に最後までカッコ良かったーーっ」とアスリートらしいメッセージを続け、最後に「これからもファミリーで仲良くしてね」と締めくくった。

 この投稿に増嶋は「たくさん相談させてもらって、引退試合をみていただけて幸せでした!感謝してます。本当にありがとうございます」と感謝のコメントを送った。

 ファンからは、「17年間も好きな事できるのって素晴らしいと思います」「愛さんもそうだったと思いますが、現役中のコンディションを維持して、モチベーションも維持して、本当に大変ですよね」「家族でユニで応援shot素敵ですね」「17年間お疲れ様でした。カッコよかったです」など温かいコメントが寄せられた。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】プレーの合間に垣間見えるトッププロの素顔         この投稿をInstagramで見る                      

Ai Sugiyama Official(@aisugiyamaofficial)がシェアした投稿