英スポーツメディア「GiveMeSport」が“2020年KOベスト5”を発表し、10月31日(日本時間11月1日)に行なわれた、WBAスーパーIBF世界バンタム級王者の井上尚弥vsジェイソン・モロニー戦が選出されている。

【井上尚弥PHOTO】20勝17KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

 ラスベガスのMGMグランドガーデンで行なわれたこの一戦は、井上が序盤から鋭いジャブで主導権を握り、6回に最初のダウンを奪取。7回終盤にはモロニーの左ジャブをかわすと、渾身の右ストレートを炸裂させ、鮮やかなKO勝利を収めた。

 同メディアでは、井上を「27歳の彼は5フィート5インチ(約165センチ)、8フィート6ポンド(約53.5キログラム)の体格だが、素早い拳、目もくらむようなフットワーク、そして左右ともにノックアウトさせる能力を備えている」と紹介。さらに「井上は“スピードは力なり”という昔ながらのボクシングの方程式を証明した」と付け加えている。
  今回発表された“2020年KOベスト5”は以下のとおり。

1、ガーボンタ・デービスvsレオ・サンタ・クルス(10月31日)
2、アレクサンデル・ポベトキンvsディリアン・ホワイト(8月22日)
3、アンソニー・ジョシュアvsクブラト・プレフ(12月12日)
4、井上尚弥vsジェイソン・モロニー(10月31日)
5、ライアン・ガルシアvsフランシスコ・フォンセカ(2月14日)

構成●THE DIGEST編集部

Show. Closed. 😳

In the closing seconds of Round 7, @naoyainoue_410 sealed a dominant performance like no one else in the Bantamweight division can. Beware. #InoueMoloney pic.twitter.com/CnABtOy8zS

— Top Rank Boxing (@trboxing) November 1, 2020