今月上旬、昨季グランプリ(GP)ファイナル覇者のアリョーナ・コストルナヤが、新型コロナウイルスに感染したことが判明。12月24日に開幕した『ロシア選手権』には回復が間に合わず欠場した。25日、現地メディア『sports.ru』を通して、コーチのエフゲニー・プルシェンコ氏がコメントを発表している。

【PHOTO】圧倒的な美貌と演技力で魅了!ロシアの”プリンセス”アリョーナ・コストルナヤ!

「アリョーナはGPロシア大会に怪我を押して臨んだんだ。最大に近いパフォーマンスを披露したと思うけど、それまでの練習でとてもハードに追い込んでいたからね。大会のどこで感染したのかは分からないけど、病気にかかってしまったんだ。ただこれもまた人生。しっかり次に向けて準備をしないとね。いまはゆっくりと回復に向かっているよ」
 着氷率の高いトリプルアクセルに加え、スピンやステップなど最高レベルの技術を誇るコストルナヤは、今夏プルシェンコ氏のアカデミーに移籍。北京冬季五輪プレシーズンにあたる今季、ロシアカップ第4戦とGPロシア大会の2戦を戦い、結果はともに2位で終えた。ロシア選手権は欠場となったが、今後どのように五輪シーズンに向けて仕上げていくか、注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部
  この投稿をInstagramで見る

Aliona Kostornaia(@aliona_officialnew)がシェアした投稿