2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7899万円)と比べても、群を抜いた数字となっている。

 そんな“高給取り”が集まるNBAのなかでも、今季(2020−21シーズン)一番多くのサラリーを稼いでいる選手は誰なのか。この企画ではポジション別やチーム別、さらには時代別など、選手たちの“給料事情”を様々な角度から見ていきたいと思う。今回お届けするのは“ポイントガード(PG)編”だ。(チーム名はフランチャイズ部分省略。チーム名横の“全体○位”はリーグ全体における年俸順位。参照:HoopsHype)
 ■2020−21シーズン ポイントガード年俸ランキング
1位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ/全体1位)約4301万ドル/44億5977万円
2位タイ:クリス・ポール(サンズ/全体2位タイ)約4136万ドル/42億8868万円
2位タイ:ラッセル・ウエストブルック(ウィザーズ/全体2位タイ)約4136万ドル/42億8868万円
4位:ジョン・ウォール(ロケッツ/全体4位タイ)約4125万ドル/42億7727万円
5位:マイク・コンリー(ジャズ/全体11位)約3450万ドル/35億7735万円
6位:ケンバ・ウォーカー(セルティックス/全体12位タイ)約3438万ドル/35億6491円
7位:カイリー・アービング(ネッツ/全体16位)約3346万ドル/34億6951万円
8位:デイミアン・リラード(ブレイザーズ/全体19位)約3163万ドル/32億7874万円
9位:ベン・シモンズ(シクサーズ/全体21位)約3056万ドル/31億6782万円
10位:カイル・ラウリー(ラプターズ/全体23位)約3050万ドル/31億6160万円

 トップに立ったカリーが1年で稼ぎ出すサラリーは、日本円にしてなんと40億以上。2017年オフにスーパーMAX契約を結んだ第1号の選手となり、昨2019−20シーズンにはリーグ史上初の4000万ドルプレーヤーとなった。
  2位のポールはロケッツ時代の2018年オフに4年1億6000万ドルのMAX契約を締結。当時33歳だったポールにこの契約は重すぎるとの声もあったが、昨季はサンダー、今季もサンズと行く先々のチームを好成績に導いていることからも、実力相応の金額と言えよう。

 3、4位には今オフのトレードで所属球団が入れ替わったウエストブルックとウォールがランクイン。ただ、両選手ともポールとは逆に、近年は自身の活躍がチームの勝利に直結していないこともあり、やや貰いすぎな印象もある。
  そのほか、コンリーやラウリーといったベテラン勢や、ルーキー契約を終えたばかりのシモンズが3000万ドル以上の年俸を獲得。また、8位のリラードは2019年オフにブレイザーズと結んだ新契約が適用される来季からサラリーが跳ね上がり、2023−24シーズンには5000万ドルプレーヤーとなることが確定している。

 リーグ全体の年俸ランキング上位4人が、そのままトップ4に立ったPG部門。近年のサラリーキャップ上昇に伴い選手のサラリーも高騰した結果、4人が4000万ドル超え、そしてトップ10全員が3000万ドル以上を稼ぎ出している。これは過去の年俸と比べてどれほどのインフレ具合なのか、次回は10年前(2010−11シーズン)、20年前(2000−01シーズン)、30年前(1990−91シーズン)それぞれのPGサラリーランキングを見ていきたい。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!