プロレスリング・ノアは12日、東京・日本武道館にて、ビッグマッチ『DESTINATION 2021〜BACK TO BUDOKAN〜 』を開催した。ノアが武道館に進出するのは11年ぶり。

 第7試合ではノアのオリジナルメンバーである丸藤正道&秋山準(現DDTプロレス)が、超新星コンビ清宮海斗&稲村愛輝とタッグで対決した。

 先に清宮&稲村が清宮ビッグマッチバージョンのテーマ曲で入場。清宮は日本武道館の“景色”を見渡しながらコーナーで羽根ポーズを決めると笑みが溢れた。続けて丸藤がお馴染みのテーマ曲で1人入場。そして最後に秋山がノア時代のテーマ曲で入場すると、大きな拍手が沸き起こる。

 先発の稲村が秋山にエルボーを仕掛けるが、効いてない素振りで組み合いに展開。秋山はグラウンドに持ち込み、稲村を圧倒していくが、これを切り抜けタックル合戦に。秋山を吹っ飛ばしコーナーに詰めると清宮にタッチする。

 秋山に対し、グラウンド勝負を挑んでいく清宮だが、秋山がアームロックを極めるとロープブレイクしても離さない。清宮はたまらず場外へ…。

 再びリングに戻ると、秋山はニーからヘッドバットで攻撃する。これに清宮はキレたのか、エルボー連打で応酬するが、秋山が花道を使って清宮の左腕にダメージを与える。

 タッチを受けた丸藤も清宮の左腕に集中砲火を浴びせると、秋山と共に非情な攻撃で左腕をさらに締め上げる。声をあげて苦悶の表情を浮かべる清宮だが、秋山にカウンターのドロップキックを放つと、続けて丸藤と秋山をまとめてドロップキックで倒してから稲村にタッチする。
  稲村は体当たりで吹っ飛ばし、秋山にブレーンバスターを見舞う。丸藤の逆水平チョップにも対応すると、清宮が再び登場。丸藤にブーメラン・フォーアーム、ミサイルキックで挽回するが、ベテランタッグは連携でカバーする。

 丸藤がトラースキック、不知火、そしてパーフェクトキーロックへ。稲村のアシストからジャーマンを決めると清宮は気合いを入れる。丸藤の虎王に何とか耐えると、ジャーマンスープレックスホールドから、タイガースープレックスホールドを決めて3カウント。試合後、秋山は清宮に近づき言葉を交わすと秋山から握手。稲村とも握手を交わした。

 コメントブースで清宮は「秋山選手と今日ここで闘えたことが必ず未来に繋がると思ったから、ナンバーワンのレスラーになったときに、もう一度、秋山さんと闘いたい」と話すと、稲村も「2人でもっと上を目指しましょう!」と清宮に呼びかけてガッチリ握手を交わした。

◆プロレスリング・ノア◆
『DESTINATION 2021〜BACK TO BUDOKAN〜 』
2021年2月12日
東京・日本武道館
▼NOAH GENERATION(45分1本勝負)
●丸藤正道&秋山準(18分12秒 タイガースープレックスホールド)清宮海斗○&稲村愛輝

取材・文●どら増田

【動画】見事な連携!稲村のGEKITOTZから清宮のジャーマン

【プロレスリング・ノア2.12武道館】清宮海斗のタイガースープレックスが炸裂。丸藤正道をマットに沈める

GEKITOTZからジャーマン!! @ABEMA で視聴中 https://t.co/LCWTBNXgmJ #noah_ghc #ノア日本武道館 pic.twitter.com/MsxtB7tmT7

— プロレスリング・ノア (@noah_ghc) February 12, 2021