新日本プロレスは22日、『Road to CASTLE ATTACK』を東京・後楽園ホールで開催した。

 メインイベントでは、遺恨が深まっているオカダ・カズチカ&石井智宏のCHAOSと、EVIL&ジェイ・ホワイトのバレットクラブがタッグマッチで対決した。オカダはEVILと、石井はジェイとそれぞれ2.27大阪城ホール大会でシングルマッチを行なうことが決定している。

 試合はバレットクラブのラフ殺法を頭に入れたオカダ&石井が、自分たちのプロレスでバレットクラブに流れを渡さないように試合を組み立てていく。バレットクラブのセコンドも度々介入を試みるもオカダ&石井が連携でこれを許さない。しかし、以前は不協和音すら感じたEVIL&ジェイのタッグも今では機能し始めたため、パワーとインサイドワークがマッチしたタッグチームとして成立しており、セコンドの力を借りなくてもお互いにカバーし合うことで、徐々にCHAOSタッグを圧倒していく。

【動画】オカダ&石井vsEVIL&ジェイが対戦!大阪城はどうなる? 

 試合は終盤、EVILをマネークリップで捕獲したオカダだったが、EVILは何とか立ち上がると、オカダの背中を金具剥き出しのコーナーに打ちつける。すると、ジェイのマネージャーの外道がレッドシューズ海野レフェリーを引きつけている間に、EVILのマネージャーであるディック東郷がスポイラーズチョーカーで締め上げる。

 もはや定番化してしまったバレットクラブの辟易とするラフ殺法に場内からはタメ息が…。これで完全に動きが止まったオカダにEVILが強烈なEVILを放ちカウント3。大阪城決戦を前に大きな勝利を挙げた。
  試合後、石井がレフェリーに抗議してバレットクラブ勢を急襲するも後の祭り。逆にジェイにタオルでキャメルクラッチで締め上げられて泡を吹いてしまった。

 EVILは「オカダ!これが3カウントだ!勝ったこのオレが正義だ!」と勝ち誇ると「テメーはオレに勝てねぇ。顔じゃねぇんだよ。大阪城でオマエをもう一度、叩き潰してやるからな!覚えとけ!」と挑発すると、追いすがる石井を尻目にジェイとバックステージへ。

 コメントブースではジェイが石井を締め上げたタオルを自慢げに披露していたが、EVILはノーコメント。オカダはEVILだけじゃなくバレットクラブの度を超えた暴走的なファイトスタイルを崩壊させるため、全員を相手にすると話していたが、大阪城決戦に向けて暗雲が立ち込めてきた。

◆新日本プロレス◆
『Road to CASTLE ATTACK』
2021年2月22日
東京・後楽園ホール
観衆 402人
▼タッグマッチ(30分1本勝負)
●オカダ・カズチカ&石井智宏(16分40秒 体固め)EVIL○&ジェイ・ホワイト
※EVIL

文⚫︎どら増田

【PHOTO】『Road to THE NEW BEGINNING』解説のYOSHI-HASHIがジェイの挑発を受けて襲撃。CHAOSとバレクラの因縁深まる


🏯Road to CASTLE ATTACK🏯後楽園大会(2/22)を公開‼️


オカダと石井がBULLET CLUB陣営を一掃‼️
果たして勝つのは…⁉️

🆚 CHAOS💥 × BULLET CLUB💀
📲 #njpwworld で配信中📡
👀 登録&視聴⏩https://t.co/CcdQ1XrpWA#njcattack #njpw pic.twitter.com/hLdKfzr3Yb

— njpwworld (@njpwworld) February 22, 2021