男子テニスツアー大会「シンガポール・テニスオープン」(2月22日〜28日/シンガポール/インドアハードコート/ATP250)の1回戦が、23日に行なわれた。

 ATPツアー本戦の初舞台となった17歳の望月慎太郎は、ワイルドカード(主催者推薦)で出場。予選勝者で世界302位のアルトグ・セリクビレク(トルコ)と対戦し、0−6、4−6で、デビュー戦を白星で飾ることはできなかった。

 望月は19年ウインブルドンジュニアで優勝した、日本期待の若手。現在のランキングは639位で、普段は下部ツアーのITF大会を主戦場にしているため、今回は大きな挑戦となった。

 自身のサービスゲームでは、なかなかポイントが取れない苦しい状態が続く。0−4でブレークポイントを3度握るがこれを生かせず、第1セットは0−6で落とした。ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が13%と低く、サービスゲームで特に苦戦した。
  しかし、第2セットの2ゲーム目で、とうとうラブゲームでサービスキープに成功! 5ゲーム目ではツアー初ブレークも経験し、加えて2−5とリードされてから、4−5まで追い上げた。結果はストレートで、57分での敗退となったが、第2セットでは調整・対応力があることを示した。

 ほろ苦いツアーデビュー戦となったが、17歳という年齢でツアー本戦を経験できたことは大きな財産となるだろう。

 望月は、盛田正明テニスファンドのサポートで13歳から渡米し、IMGテニスアカデミーで腕を磨いている。小柄だったため、パワーではなく多彩なショットを組み合わせた頭脳的なプレーを磨くことで、自分の可能性を見い出してきた。きっと今回の敗戦からもツアーで戦うために必要なものを学び、今後に生かしていくに違いない。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ウインブルドンJr.を制した望月慎太郎のリターン連続写真!