ベルギーの地で着々と結果を積み重ねる伊東純也は、対戦相手からも認められ、恐れられているようだ。

 ベルギー1部、ベールスホットに所属するライアン・サヌシは、クラブ公式youtubeチャンネルのインタビューに応え、「ベルギーでベストな選手は誰か?」という質問に対し、伊東の名前を挙げた。ベルギーのサッカーメディア『WALFOOT.BE』がその内容を伝えている。

 同選手は伊東のスピードにふれ、「彼が走りだしたら、追いつくにはもう遅すぎる」「リーグで最も危険なアタッカーだ」と絶賛した。

 サヌシはアンダーカテゴリーをベールスホットで過ごし、その後オランダで長くプレーしたのちに、昨季ベールスホットに復帰したベルギー人MF。1部に昇格した今季が伊東との初対戦となった。今季の対戦はベールスホットの2勝0敗で、伊東は2試合とも得点に絡む活躍はできなかった。しかし、対戦相手には強烈なインパクトを残していたようだ。
  伊東純也は今季リーグ戦30試合に全て出場し、うち29試合がスタメンと、チームに欠かせぬ存在となっている。直近のスタンダール・リエージュ戦は引き分けに終わったものの、個人では2ゴールを奪った。これで2試合連続ゴールとなり、2桁ゴールを達成。アシストも8つマークしており、これはリーグ5位の数字だ。現在3位につけるヘンクのプレーオフI進出に向け、チームを牽引している。

 味方ではなく他クラブの選手から、そして「伊東について」ではなく「ベルギーでベストな選手について」という質問で名前が挙がるという事実は、その評価の高さを如実に物語っている。伊東の次の舞台は、日本代表として戦う韓国戦とモンゴル戦。確かな評価を得たそのスピードに注目したい。
 
構成●THE DIGEST編集部

【動画】伊東純也が2ゴールを決めたスタンダール・リエージュ戦のハイライト