第43回全国選抜高校テニス大会(福岡県・博多の森テニス競技場)では、大会4日目となる24日に女子団体戦の準決勝が行なわれ、三重県立四日市商業高(三重)と岡山学芸館高(岡山)がそれぞれ初の決勝進出を果たした。

 第1シードの三重県立四日市商業高は、松商学園高(長野)に3−1で勝利。シングルス1のエース対決は落としたが、その後のシングルス2で小畑莉音、シングルス3で小林海夢、そしてダブルス1で丸山愛以/久保結希凪ペアがそれぞれ完勝した。

 一方、ノーシードで勝ち上がってきた岡山学芸館高は、同じくノーシードの仁愛女子高(福井)との対戦に。前日の準々決勝で第2シードの相生学院高(兵庫)を下し、勢いに乗る相手だったが、3−0の完封勝利で決勝への切符をつかんだ。
  準決勝各試合の結果は以下の通り。

【第43回全国選抜高校テニス大会】
◆女子団体戦準決勝結果
三重県立四日市商業高(三重)[3-1]松商学園高(長野)
・シングルス1
五十嵐唯愛[6-7(0) 3-6]中山友里
・シングルス2
小畑莉音[6-2 6-3]砂田未樹
・シングルス3
小林海夢[6-0 6-0]小林由奈
・ダブルス1
丸山愛以/久保結希凪[6-0 6-2]渡邉菜央/小坂仁夢
・ダブルス2
上江瀧桃花/市川彩矢[6-2 3-2打ち切り]渡邊望乃/山崎さくら

岡山学芸館(岡山)[3-0]仁愛女子(福井)
・シングルス1
中島玲亜[6-4 6-2]芹川楓花
・シングルス2
吉本菜月[6-2 6-1]白崎望愛
・シングルス3
渡邊多笑[1-2打ち切り]弘原海結子
・ダブルス1
同前華伶来/寺尾美月[6-2 4-6 6-1]山口結捺/菱井咲絵
・ダブルス2
青梨里咲/原田遥[6-2 1-0打ち切り]長瀬愛花/阿部紗加 

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!