フィギュアスケートの世界選手権がスウェーデンのストックホルムで開催されている。現地3月26日(日本時間27日午前2時〜)女子フリースケーティング(FS)が行なわれる。

【PHOTO】世界選手権SP2位発進!笑顔がキュートな紀平梨花の厳選フォト!
 
 24日のショートプログラム(SP)で日本人トップの2位に立ったのは紀平梨花。トリプルアクセルを含む3つのジャンプ全て着氷。注目の“片手側転”を成功させ、スピンやステップではいずれも最高評価のレベル4を獲得し79・08点をマークした。FSは、国際大会初となる4回転ジャンプで逆転優勝を目指す。紀平の出番は最後から2番目の23番で午前5時38分からだ。

 坂本花織は日本勢2番手で全体の6位に入った。ダブルアクセルを決めたが、3回転ルッツはエッジエラーが付き、3回転フリップ+トゥループもこらえながらの着氷で70・38点となった。坂本は最終グループの1番手、5時6分から演技をスタートする。3回転ルッツで転倒し16位に留まった宮原知子は、第2グループの3番目、9番滑走で登場だ。

 今大会は北京五輪の出場枠が争われており、上位ふたりの合計順位が「13」以内で出場枠が最大3まで広がる。紀平の逆転優勝とともに、日本チームの活躍にも注目だ。
  主な選手のFS滑走順はこちら。

【女子シングルFS滑走順】(所属/SP順位・点数)

■競技開始 日本時間2:00(※以下全て日本時間)

■第2グループ 2:54〜
9 宮原知子(日本/16位59.99点)■3:17

■第3グループ 4:04〜
13 アレクサンドラ・トゥルソワ(FSR/12位64.82点)■4:11
14 オルガ・ミクティナ(オーストリア/11位67.18点)■4:19
15 レオナ・ヘンドリックス(ベルギー/10位67.28点)■4:27
16 マデレーン・シーザス(カナダ/9位68.77点)■4:35
17 イ・ヘイン(韓国/8位68.94点)■4:42
18 ブレイディ・テネル(米国/7位69.87点)■4:50

■第4グループ4:58〜
19 坂本花織(日本/6位70.38点)■5:06
20 キム・イェリム(韓国/5位73.63点)■5:14
21 カレン・チェン(米国/4位74.40点)■5:22
22 エリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR/3位78.86点)■5:30
23 紀平梨花(日本/2位79.08点)■5:38
24 アンナ・シェルバコワ(FSR/1位81.00点)■5:46

構成●THE DIGEST編集部
 

2️⃣ Rika Kihira nails a triple axel and the rest of her program to come in second place in the Ladies Short Program at the ISU World Figure Skating Championships!

Final results: https://t.co/EHQ5QIT1xI#WorldFigure #FigureSkating pic.twitter.com/8eKriAfnxh

— ISU Figure Skating (@ISU_Figure) March 24, 2021