3月29日、新日本プロレスは、『Road to SAKURA GENESIS 2021』東京・後楽園ホール大会を開催した。

 4月4日に両国国技館で行なわれる『SAKURA GENESIS 2021』に向けた熱戦が続くなか、セミファイナルでは棚橋弘至&天山広吉&小島聡とジェイ・ホワイト&邪道&外道のバレットクラブが対決した。

 棚橋の保持するNEVER無差別級王座への挑戦をアピールしているジェイは、立ち上がりから王者の左足に執拗にダメージを蓄積させる。迎えた終盤、天山と小島からテンコジカッターをお見舞いされた“混沌の切り裂き魔”は、立て続けに技を繰り出そうとする小島にSSSを炸裂。そのまま、必殺のブレードランナーでカウント3を奪取した。

 試合後にジェイにマッスルポーズで挑発された棚橋はインタビューブースで、「ジェイのフィジカルに、頭脳に、連日やられてる」と発言。続けざまにNEVER無差別級王座戦への心境を口にした。

【動画】棚橋に自慢のマッスルポーズで挑発! ジェイの大胆不敵な行動はこちら「今日のタッグは、全員、IWGP(ヘビー)チャンピオンになった選手。今度、ベルトが新しく発表になりますけど、なんかそういうトコもね、『悔しいな』と思うんですよね。ただ、フィジカルで負けても、結果、勝てばいいというのがプロレス。いまベルトはここにあるから。ジェイはベルトに挑戦を表明してきてるけど……さあ、どうなるでしょう? いままでずっとね、フィジカルでマウントを取ってたつもりが、今日みたいなことは初めての経験だから。なんか燃えるね」

 両者は『ニュージャパンカップ2021』で対戦し、ジェイが勝利を収めているだけに、棚橋としてはタイトルマッチを避けられない相手なのは言うまでもない。試合後に「タナ、お前のキャリアは刻一刻と終わりに近づいてる。だから、さっさと俺の挑戦を受けろ」と叫んだジェイが、今後もチャンプの膝を破壊しに来ることは必至。それだけに棚橋は早いうちに叩いておきたいところだ。

◆新日本プロレス◆
『Road to SAKURA GENESIS 2021』
2021年3月29日
東京・後楽園ホール
観衆 388人
▼6人タッグマッチ(30分1本勝負)
棚橋弘至&天山広吉&●小島聡(12分41秒 片エビ固め)ジェイ・ホワイト○&外道&邪道
※ブレードランナー

文●どら増田