4月4日、新日本プロレスは春のビッグマッチ『SAKURA GENESIS 2021』を両国国技館で開催。大注目のメインイベントでは、新設されたIWGP世界ヘビー級王者の飯伏幸太に、『ニュージャパンカップ2021』覇者であるウィル・オスプレイが挑戦した。

 試合開始とともに両者はハイレベルな技の応酬で意地をぶつけ合う。気合十分のオスプレイの猛攻に対し、“神”を自称する飯伏も徹底抗戦。試合が佳境に入ると、必殺のカミゴェを二連発した王者だったが、これを挑戦者は何とかカウント2で返す。

 そして、強烈なジャンピングニーで飯伏の動きを止めたオスプレイは、以前にも飯伏を仕留めていたヒドゥン・ブレイドからの渾身のストームブレイカーでカウント3を奪取。驚きの新王者になったのだった。

 試合後、ユナイテッド・エンパイアのジェフ・コブがツアー・オブ・ジ・アイランドで飯伏を打ちのめしてリングから除外すると、オスプレイは今年の1.4東京ドーム大会で敗れているオカダ・カズチカへのリベンジを宣言。その挑発を受けて当人が姿を現すと、そのオカダに『ニュージャパンカップ2021』で勝利している鷹木信悟も登場。オカダからマイクを奪って、次期挑戦をアピールすると、“新王者”は「最初にシンゴ、次にオカダだ」と逆指名した。

【動画】凄まじすぎる空中戦! 両国を熱狂させた飯伏vsオスプレイの大熱戦はこちら 皮肉にも統一されたばかりのIWGP世界ヘビー級王座と、自身が保持しているブリティッシュヘビー級王座の“二冠”を持って、バックステージに引きあげたオスプレイはインタビューブースで、「お前らの中の何人が俺やジェフ・コブ、グレート-O-カーン、そして新メンバーのアーロン・ ヘナーレのことを疑っていたんだ? お前たちは見抜けなかっただろうが、俺たちは初めから自分たちの可能性を信じていた」とまくしたてた。

「俺たちはトップに立つとわかっていた。イブシ、凄い勝負だった。ここまで俺を突き動かしてくれたことに、そして俺たちユナイテッド・エンパイアの踏み台になってくれたことに、礼を言わせてくれ。まだ俺たちのことを嘲笑っている奴がいるのか? でもお前らがそうすればそうするほど、俺たちはもっと輝くんだ。これはまだほんのスタートだ。ここからもっと宝をいただくぞ」

 続けて「俺は防衛ロードを通して、世界で俺より強いプロレスラーはいないと教えてや る。このベルトが世界ナンバーワンの証だ」と宣言。「狙われる立場になったが、誰が挑戦してくるのか今から楽しみだ」と終始上機嫌で今後のベルト戦線の行方を語った。

「もし俺より強いと思う奴がいるなら、相手になってやる。だが、誰が挑戦しようと一人残らずレベルの違いを叩き込んでやる。このベルトはニュージャパンだけに留まらず、世界で最も価値のあるベルトだと身をもって証明していく。それから、こっちのベルト(ブリティッシュヘビー級)は俺がイギリス・プロレス界の王である証だ。俺たち次世代がニュージャパンの未来を率いていく。今まで見たことのない舞台に連れて行ってやろう」 一方、逆指名で次期挑戦者の権利を掴み取った鷹木は、「まぁオスプレイの勢いは、本物ってことだな」と改めてIWGP世界ヘビー級王座獲りを誓った。

「まさかあの飯伏から勝つとは思わなかったよ。いやでも、アイツの勢いを、俺はこの身をもって感じてるからな。オスプレイに対して一番腹立ってんのはなぁ、オカダでもねぇ、他の誰でもねぇ、俺なんだよ。このまんまじゃ、次に進めねぇんだよ。アイツのイングリッシュ、俺はしっかり聞き取れねぇけどよぉ、次の、いや初防衛戦の相手は、オカダじゃねぇ、この俺しかいねぇだろ」
  なお、飯伏はノーコメントだったが、自身が統一したベルトを防衛戦の一発目で落としてしまったショックは計り知れないはず。このままでは終われないだけに、元王者の動向も注視したい。

◆新日本プロレス◆
『SAKURA GENESIS 2021』
東京・両国国技館
観衆 4484人
▼IWGP世界ヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>●飯伏幸太(30分13秒 片エビ固め)ウィル・オスプレイ○<挑戦者>
※ストームブレーカー
※飯伏が初防衛に失敗、オスプレイが第2代王者になる。

【PHOTO】大技の応酬となった白熱のタイトル戦!オスプレイが必殺のストームブレイカーで飯伏幸太を仕留めてベルトを奪取

【PHOTO】帝国の「X」はアーロン・ヘナーレ! マットに沈んだ内藤哲也はグレート-O-カーンに屈辱の足蹴に

文●どら増田