東京五輪代表選考会を兼ねる競泳の『日本選手権』が東京アクアティクスセンターで開催されている。大会4日目(4月6日)に行なわれた男子200メートルバタフライの決勝では、19歳の新鋭、本多灯(ATSC.YW)が選考基準(1分56秒25)を上回る1分54秒88で優勝して、東京五輪の出場権を掴んだ。

 まず大会初日の400メートル個人メドレーに登場した本多。第1泳法のバタフライを終えた100メートル地点でトップに立つも、後半失速して瀬戸大也(TEAM DAIYA)、井狩裕貴(イトマン近大)に先着されて3位に。目の前で切符を掴み損ねていた。

「凄い悔しかったので、2バタ(200メートルバタフライ)では絶対に取ると決めていた」という19歳は、2種目目として200メートルバタフライに出場。予選、準決勝といずれも全体のトップ通過という好調ぶりで迎えた決勝は、落ち着いた入りを見せた。最終ターン(150メートル)では瀬戸、小堀勇気(ミズノ)に次ぐ3番手につけていたが、最後に怒涛の追い上げで2人をかわし、1位でフィニッシュとした。
  レース後には「本当に代表とれてホッとして嬉しいです」と喜びを口にするも「常に冷静さを身につけろ」というコーチの教えに従い、初の五輪代表にもかかわらず、落ち着いた様子で取材に応じた。

「次のオリンピックのことを考えると、浮かれている暇はない」と世界を見据た本多は、「まずは53秒を出せるように日頃の練習に励んで、オリンピックでは大也さんと一緒に表彰台に乗ります」と宣言。そして「夢の舞台でしっかり、もっと会場を沸かせられるように、日本中、世界中をあっと驚かせられるようなレースをしていきたい」と力を込めた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】東京五輪での躍動を期す競泳スターたちを一挙紹介!