史上初の快挙だ。

 現地4月11日に男子ゴルフの海外メジャー初戦『マスターズ』(米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC)の大会最終日が行なわれ、松山英樹が通算10アンダーで日本史上初めてのメジャー初優勝を飾った。

 11アンダーの単独首位で出たこの日は、序盤から苦しい展開が続いた。2位と5打差で迎えた後半のラウンドに入ってからも、15番のパー5で池に入れてボギーを叩くなど苦戦した。それでも最終的に4バーディ、5ボギーの「73」で回り、我慢強くリードを守ってホールアウトしてみせた。

 試合後、涙ながらに栄光のグリーンジャケットに袖を通した松山。これまでの日本人最高位だった4位を一気に塗り替えた29歳には、海外メディアからも賛辞が送られている。

「日本のマツヤマが歴史的な勝利を飾った」と絶賛したのは、英公共放送『BBC』だ。

「魅力的で、エキサイティングな4日間を制したのは日本のマツヤマだった。彼はオーガスタで非常に素晴らしい時を過ごし、ゴルフ界の歴史にその名を刻んだ。そして何より彼は日本人で史上初のメジャー制覇者となり、多くの国民を幸せにした」
  英衛星放送『Sky Sports』も松山への賛辞を惜しまない。「神経質なスタートと想像を絶するプレッシャーを克服したヒデキ・マツヤマは85回目のマスターズで史上初の日本人優勝者となった」と速報を綴っている。

「マツヤマの最終日は決して良いものではなかった。ウィル・ザラトリス、ザンダー・シャウフェレが猛烈な追い上げを受け、彼は相当なプレッシャーを感じていたはずだ。それでも13アンダーとし、“サンデー・バックナイン”に向かった日本人は冷静さを失わず、己を保ち続け、ライバルたちを凌いだ。その結果、オーガスタで偉大なる歴史を築いた」

 苦しみながらも、栄光を掴んだ松山。アジア人としても史上初の快挙をやり遂げた男の目には、光るものが浮かんでいた。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】松山英樹が悲願のメジャー初制覇!マスターズ最終日の“全「73」ショット“