4月28日(日本時間29日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームで昨季王者のロサンゼルス・レイカーズと対戦し、116−107で勝利。先発出場した八村塁は30分間プレーして12得点(フィールドゴール4/8、3ポイント0/1、フリースロー4/4)、1リバウンド、2アシスト、1スティールで勝利に貢献した。

 2日前の試合で5戦ぶりに戦列復帰した八村は、全米中継されたこの日は主にアンソニー・デイビスとマッチアップ。開始54秒にチーム最初の得点となるプルアップジャンパーを沈めた一方、守備ではリーグ屈指のビッグマンに連続得点を奪われるなど苦戦を強いられる。

 それでも第2クォーター以降は身体を張ったディフェンスで応戦し、デイビスのリズムを狂わせることに成功。そしてこの日最大のハイライトが訪れたのは65−59で迎えた第3クォーター開始3分。速攻でパスを受けた八村はゴールを守るデイビスとほぼ同時に跳び上がり、右手一本で豪快なスラムダンクを叩き込んだ。
  この目の覚めるような一撃で勢いを増したウィザーズは、同クォーター残り5分にはリードを2桁に拡大。第4クォーターには最大19点のリードを奪うなど最後まで主導権を渡さず、昨季王者を圧倒した。

 ウィザーズはブラッドリー・ビールが両軍最多の27得点をあげたほか、ラッセル・ウエストブルックが今季30回目のトリプルダブルとなる18得点、18リバウンド、14アシストの活躍。アレックス・レン(18得点)、八村、イシュ・スミス(ともに12得点)らも2桁得点をあげるなど、チーム全体でフィールドゴール成功率52.2%(47/90)と高確率にシュートを沈めた。

 一方、主砲レブロン・ジェームズを欠いたレイカーズは26得点をあげたデイビスを中心に反撃を試みるも1桁差に迫るのが精一杯。チーム全体で3ポイントが29.4%(10/34)と不発に終わるなど、攻守で決め手を欠いた。

 直近10試合で9勝目をあげたウィザーズは今季成績を28勝34敗とし、イースタン・カンファレンス10位の座をキープ。9位のインディアナ・ペイサーズまで1.5ゲーム差に迫っている。次戦は30日、敵地でクリーブランド・キャバリアーズと対戦する。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!NBA1年目から存在感を放った八村塁の厳選ショット!