東京五輪がついに開幕。7月23日に国立競技場で行なわれた開会式では、日本らしい様々な演出が話題を集めたが、その中でも五輪競技を絵文字で体現した“動くピクトグラム”に世界から熱い視線が寄せられている。

【関連画像】“ピクトグラム男”たちが素顔を公開!チームで撮影した舞台裏ショットをチェック

 1964年の東京五輪から採用された競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」。今回はその全50種目に及ぶポーズを、青と白のコスチュームを着たパフォーマーたちが次々と体現していった。約5分間にわたるこの圧巻のパフォーマンスは、海外でも大きな関心の的となったようだ。
  米NBCのニュース番組『Today Show』は、「しばらく語り継がれるパフォーマンスだ」と記事を掲載し、「東京五輪の開会式で、言語の壁を越えた息を呑むようなパフォーマンスが繰り広げられた」と、今回のピクトグラムを取り上げている。

 さらに、同メディアは「ステージを軽やかに動き回り、しばらくの間ショーを独占していた」と絶賛。「このパフォーマンスには優れた調整力が要求される」と振り返り、「主役がバドミントンのラケットを落としてしまった一瞬を除いて、ほぼすべてが順調に進んだと言えるだろう」と、その内容を評した。

 開会式終了後には、出演したパフォーマーコンビ“GABEZ”が「めちゃくちゃ焦った〜けど、楽しかった!!ありがとうございました」と安堵のツイート。ピクトグラムチームに携わった俳優の松本亮さんは「一生懸命、今出来ることをやりました。本当にありがとうございました!」などと感謝を綴っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTOギャラリー】東京オリンピック開会式の名場面を厳選フォトで一挙に紹介!