8月1日、いよいよ始まった東京五輪卓球競技の団体戦。日本の女子チーム(伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)は、1回戦でハンガリー代表(マリア・ファゼカシュ、サンドラ・ペルゲル、ドラ・マダラス)と対戦した。

 第1試合は石川/平野ペアが相手を3−0で撃破。第2試合に登場した日本のエース伊藤は、マダラスをこちらもストレートで下し、1回戦突破に王手をかけた。
  第1ゲームは2−2から9ポイントを連取し11−2で圧倒すると、第2ゲームも粘る相手をねじ伏せ11−6。第3ゲームはマダラスが見事なプレーを見せる場面もあったものの、11−6で勝ち切り日本に2勝目をもたらした。

 第3試合は平野とペルゲルが激突する。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】悲願の団体金メダルへ!石川佳純、張本智和、伊藤美誠ら、日本の卓球界を引っ張る選手を一挙紹介!