全てのジュニア年代の頂点を決める「DUNLOP 全日本ジュニアテニス選手権'21 supported by NISSHINBO」が8月23日から30日まで ITC靱テニスセンターと江坂テニスセンターで開催されている。8月27日には18歳以下・16歳以下・12歳以下の3回戦、14歳以下の2・3回戦男子シングルスが行なわれた。

 男子は18歳以下、16歳以下、12歳以下で第1、2シードが順当に勝ち上がってきていた。そんな中、今日行なわれた3回戦では18歳以下でノーシードの大沼広季が、第2シードの丹下颯希を破ってベスト8入りを果たした。14歳以下は1日に2試合行なうハードスケジュールを戦い抜いている。3回戦の結果をお伝えしよう。

■男子シングルス18歳以下・3回戦結果 ※[]内の数字はシード
原﨑朝陽(ノアTA垂水)[1]  62 75 髙悠亜(関西高)
駒形怜哉(TEAM YONEZAWA)[9]67 62 61 髙妻蘭丸(大分舞鶴高)
三好健太(桜田倶楽部)[3]  63 61 奥地佑都(名経大市邨高) 
野坂迅(秋田商業高) 75 46 64 大場巧士(静岡市立高)
小泉煕毅(Team Satellite さくら野火止)[12] 61 62 南颯汰(トップランAIOI)[6]  
田中佑(湘南工科大学附属高) 62 62 森田皐介(柳川高)[16]  
石川真輝(東海大学菅生高) 64 26 75 山田倫太朗(浦和学院高)[5] 
大沼広季(北陸高) 62 75 丹下颯希(新田高)[2]

■男子シングルス16歳以下・3回戦結果
松岡隼(桜田倶楽部)[1] 61 63 可児優希(県立岐阜商業高)[15]
大岐優斗(佐土原高) 64 62 河野隼也(鳳凰高) 
富田悠太(チェリーTC)[4] 62 64 石井凌馬(Team YUKA)
三城貴雅(荏原SSC)[7]  62 63 村上稜真(GETT) 
中島暁(松本第一高)[6] 63 61 遊川大和(関西高)[12]
服部伶矢(ノアTA垂水)[3]  61 75 五十嵐涼太(仙台育英高) 
坂本怜(チェリーTC)[10]  64 36 63 山本夏生(トップランAIOI)[5] 
眞田将吾(四日市工業高)[2]  62 61 坂本日色(トップランAIOI)  
 ■男子シングルス14歳以下・3回戦結果
小川楓成(はちおうじ庭球塾)[16] 64 76  名雪楽工(荏原SSC)
鈴木琉斗(TCコ・ス・パ八尾南)[8]  36 61 61 土谷星(A&F)[12]
黒田渓太(成蹊中)[3]  63 16 62  田畑遼(むさしの村ローンTC)[13]
内田弘心(シードTC)63 63  額田賢和(大渡TA)[10]
高橋光(神奈中TS)64 61  古田仁(関スポーツ塾・T)
石橋煌志(吉田記念テニス研修センター)[15] 62 63  加羽澤龍之介(上尾TC)[4]
神山宏正(TEAM YONEZAWA)[11]  16 62 76  永嶋煌(R-PROJECT)[6] 
逸﨑獅王(First-J)[2] 62 61 米野俊亮(MAT 高崎TC)


■男子シングルス12歳以下・3回戦結果
櫻井義浩(美浜TG)[1] 61 62 原島侑作(J STRUCT)[13]
渡邉栞太(Tension) 16 64 60 三好碧生(パブリックTE)[8]
源拓真(TEAM KIT) 61 60 山下航大(チェリーTC岐阜)[16]
奈良恒輝(グリーンテニスプラザ)[6] wo 中富奏太(星田TC)[10]  
中本莉空(JAC Project)76 62 片岡龍亮(三重GTC)[7]  
安藤大貴(ルーセントJrアカデミー)[14] 46 76 63 木河瞭(team.縁)[4]
香川荘太(PDT TC) 26 62 64  松岡朔杜(チェリーTC)[5]  
安生竜輝(宇都宮サンTC)[2]  76 64 奥村亘(ヴァルブランシュTC) 

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!