ジュニア年代の国内最強を決める「DUNLOP 全日本ジュニアテニス選手権'21 supported by NISSHINBO」が、8月23日から30日まで、大坂のITC靱テニスセンターと江坂テニスセンターで開催中。8月28日には、18歳以下・16歳以下・14歳以下・12歳以下の各カテゴリーで、男女シングルスとダブルスの準々決勝が行なわれた。

 男子シングルス18歳以下では、今年のインターハイ決勝で対戦した田中佑と小泉煕毅が再び激突。今回はストレートで田中が勝利してリベンジを果たした。14歳以下の眞田将吾は、全中覇者の坂本怜をフルセットにもつれ込む大接戦の末に勝利。14歳以下に出場する選抜ジュニア準Vの逸﨑獅王は、第2シードを守り切った。また、12歳以下の第1シードで選抜ジュニア覇者の櫻井義浩もストレートで勝利して準決勝へ駒を進めている。

 大会6日目となる8月28日の男子試合結果は以下のとおり(左側が勝者)。

■男子シングルス18歳以下・準々決勝結果 ※[]内の数字はシード
原﨑朝陽(ノアTA垂水)[1] 63 62 駒形怜哉(TEAMYONEZAWA)[9]
三好健太(桜田倶楽部)[3] 61 61 野坂迅(秋田商業高)
田中佑(湘南工科大学附属高) 64 62 小泉煕毅(TeamSatelliteさくら野火止)[12]
石川真輝(東海大学菅生高) 63 62 大沼広季(北陸高)

■男子ダブルス18歳以下・準々決勝結果
植田涼太/蔡旻修(柳川高) 60 63 藤田大地/藤髙聡真(トップランAIOI)[6]
図師奨之介/水口翔瑛(清風高) 75 62 根門寿尚/若松玄登(光泉カトリック高/パブリックTE)[4] 
菅谷優作/田中佑(慶応義塾高/湘南工科大学附属高)[3] 61 64 勝田匠/野村侑平(日本大学第三高)[5] 
駒形怜哉/三好健太(TEAM YONEZAWA/桜田倶楽部) 62 64 堤野竜司/野口聡太(柳川高)[7] 
 ■男子シングルス16歳以下・準々決勝結果
松岡隼(桜田倶楽部)[1]  62 63 大岐優斗(佐土原高)
三城貴雅(荏原SSC)[7] 64 61 富田悠太(チェリーTC)[4]
中島暁(松本第一高)[6]  64 62 服部伶矢(ノアTA垂水)[3]
眞田将吾(四日市工業高)[2] 64 16 75 坂本怜(チェリーTC)[10]

■男子ダブルス16歳以下・準々決勝結果
三城貴雅/坂本健英(荏原SSC)[1]  61 63 本山知苑/眞田将吾(四日市工業高)[6]
杉山兼新/堀江泰生(法政大学第二高/リーファインターナショナルTA)[4]  61 46 [10-6]  宮﨑凰雅/谷畑幸洋(トップランAIOI)[7]
唐津裕貴/山本夏生(トップランAIOI)[3] 61 64 大熊樂/松岡隼(桜田倶楽部)[5] 
坂本怜/富田悠太(チェリーTC) 62 76(6) 友成悠生/篠田晃希(東山高)

■男子シングルス14歳以下・準々決勝結果
鈴木琉斗(TCコ・ス・パ八尾南)[8] 63 62 小川楓成(はちおうじ庭球塾)[16]
内田弘心(シードTC) 64 75 黒田渓太(成蹊中)[3] 
石橋煌志(吉田記念テニス研修センター)[15] 63 63 高橋光(神奈中TS)
逸﨑獅王(First-J)[2] 63 63 神山宏正(TEAM YONEZAWA)[11] 

■男子ダブルス14歳以下・準々決勝結果
安藤雄哉/高橋光(荏原SSC/神奈中TS)[1]  61 76(3) 角谷亮/中山智裕(GETT/津幡Jr)
櫻井成/黒田渓太(桜田倶楽部/成蹊中)[3]  64 64 杉本一樹/伊藤陽(荏原SSC)
高田倖暉/釜坂勇輝(西宮TC/SpecialOneTA) 36 63 [10-8] 辻本悠嗣/川西飛生(GETT/TEAM KIT)
内田弘心/畑泰成(シードTC/Smile Tennis College 62 61 大浦蒼唯/武井真樹(A&F)[2]

■男子シングルス12歳以下・準々決勝結果
櫻井義浩(関東/美浜TG)[1]  63 63 渡邉栞太(Tension)
源拓真(北信越/TEAM KIT) 62 64 奈良恒輝(グリーンテニスプラザ)[6]
中本莉空(関西/JAC Project) 76(3) 57 63  安藤大貴(ルーセントJrアカデミー)[14]
香川荘太(四国/PDT TC) 62 60 安生竜輝(宇都宮サンTC)[2]

■男子ダブルス12歳以下・準々決勝結果
奥村亘/西田理人(ヴァルブランシュTC)[7] 60 75 長谷川諒輔/天野雄太(狛江インドアジュニアATPチーム/JITC)[1]
川上拓真/田鶴真大(リバーーTS)62 76(6) 松岡朔杜/高橋蓮士(チェリーTC)[3]
豊田晟大/小林兼輔(桜田倶楽部) 不戦勝 中富奏太/澤村真作(星田TC/ルーセントJrアカデミー)
安藤大貴/川島想(ルーセントJrアカデミー/First-J Osaka)[2] 62 61 渡邉栞太/松本悠希(Tension/アサヒTC)
  シングルス18歳以下では、石井さやかが今年のインターハイ覇者の丸山愛以にストレート勝ちで第2シードを維持。また、ノーシードの大橋麗美華はインターハイ準Vの伊藤あおいに逆転勝を収めた。8選手全員がシード選手となった16歳以下では、齋藤咲良が第1シードを守ったが、第2シードの林妃鞠は涙をのんだ。また、今年の選抜ジュニアと全小を制している第1シードの石井心菜は危なげない内容でベスト4入りを決めている。

 大会6日目となる8月28日の女子試合結果は以下のとおり(左側が勝者)。

■女子シングルス18歳以下・準々決勝結果 ※[]内の数字はシード
吉本菜月(岡山学芸館高) 63 61  長谷川晴佳(野田学園高)[8]
石川こころ(トップランAIOI)[10] 64 57 76(3) 金子さら紗(たちかわジュニアTA)[4]
大橋麗美華(荏原SSC) 36 64 61 伊藤あおい(サリュートテニス専門学院)[3]
石井さやか(関東/HSS)[2] 61 63 丸山愛以(東海/四日市商業高)

■女子ダブルス18歳以下・準々決勝結果
長谷川晴佳/小川すみれ(野田学園高)[5] 64 75 久保杏夏/石井さやか(TEAM YONEZAWA/HSS)[1] 
櫻田しずか/稲葉梨莉(静岡市立高)[7] 16 64 [10-7] 平田葵/石川和奏(白鵬女子高)[4] 
長谷川采香/金子さら紗(たちかわジュニアTA)[3] 61 63 繁益春音/川口日菜紗(京都外大西高)
渡邊望乃/山﨑さくら(松商学園高) 63 63 サッバ奈優茉/冨田夕夏(リビエラ逗子マリーナTS/パームインターナショナルTA)[8]

■女子シングルス16歳以下・準々決勝結果
齋藤咲良(関東/MAT TA)[1]  62 62 南風音(関西/湯山泰次TS)[11]
西村佳世(関西/Ai love all TA)[8] 75 46 64 小野陽菜(関東/あじさいMTCA)[3] 
木下晴結(関西/LYNX TA大阪)[6]  62 62 里菜央(関西/トップランAIOI)[15]
松田鈴子(東海/チェリーTC)[10]  63 63 林妃鞠(東海/三重GTC)[2]

■女子ダブルス16歳以下・準々決勝結果
成田百那/斉藤双葉(team-N.1/愛知啓成高)[7] 62 61 網田永遠希/河野望奈(ラスタットTC)
伊東磨希/朝倉優奈(TENNIS SUNRISE 朝霞) 26 64 [10-7] 畭凛花/中村碧月(同志社国際高/城南学園)[6]
松田鈴子/津田梨央(チェリーTC/ウィルTA瀬戸)[3] 46 63 [10-8] 小林海夢/髙山揺(四日市商業高)
木下晴結/新井愛梨(LYNX TA大阪/Ai Love All T.A大阪)[2] 63 64 大吉向空/竹内星妃(殿山TG/SOL Tennis College)[8] 
 ■女子シングルス14歳以下・準々決勝結果
五藤玲奈(ラスタットTC) 62 76(4) 田﨑菜々美(ノアTA垂水)
山上夏季(TAI TS)[8] 76(5) 26 64 ディリマー雅(たちかわジュニアTA)
堀川いち乃(ノアインドアTS京都西)[10]  60 62 本田彩衣(イヌヅカスポーツ)
上野梨咲(やすいそ庭球部) 63 26 76(4) 市岡梓奈(グリーンテニスプラザ)[11] 

■女子ダブルス14歳以下・準々決勝結果
坂井心優/巽日菜(チームホリゾン)[1]  61 64 井上みのり/成澤寿珠(京都東山TC/吉野テニス企画)[6]
上野梨咲/井上季子(やすいそ庭球部)[4]  16 62 [10-4] 稲場らん/金子紗英(あじさいMTCA/吉田記念テニス研修センター)[5]
大井川鈴奈/小島詠(ブレスパティオTC)[7]  46 63 [10-7] 小坂莉來/永澤亜彩香(LYNX TA奈良/まほろばTS)[3]
伊東凛夏/仲宗根サヤ(チームホリゾン) 16 62 [10-4] 藤井小夏/奥谷友結(LYNX TA奈良/O's)

■女子シングルス12歳以下・準々決勝結果
石井心菜(グリーンテニスプラザ)[1]  61 62 月岡萌夏(荏原SSC)
伊藤凜(狛江インドアジュニアATPチーム)[4]  26 64 61 森下結有(三重GTC)[5]
大場莉子(SFC) 63 61 服部天寧(三重GTC)[9] 
渡辺葵依(NBTG)[12]  61 64 井出璃々菜(大磯TA)[13]

■女子ダブルス12歳以下・準々決勝結果
中山結菜/森下結有(四日市TA/三重GTC)[7] 63 62 宇津山依里/竹本彩花(JITC/ビッグKテニス)[1] 
樽床風音/渡辺葵依(ラスタットTC/NBTG)[4]  64 60 藤本芽衣奈/平田里帆(ラスタットTC/グリーンストーンヒルズ+J)
中島杏子/一二三紡鈴(東京都TA/緑ケ丘TG) 36 64 [10-4] 小﨑麻衣/西村遙花(九州:福岡パシフィック/STT)
伊東里緒菜/北岡美空(星田TC/C's RACQUET CLUB)61 64 藤山羽優/西山日向(やすいそ庭球部/ラスタットTC)

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!