現在、プロとして活躍している選手も、現役を引退してコーチをしている人も、小さい頃には憧れのプロがいたはずだ。【プロが憧れたプロ】シリーズの第21回は、昨年の全日本選手権で準優勝し、今春からプロに転向した今村昌倫選手だ。

   ◆   ◆   ◆

 清風高校から慶應義塾大学、そしてプロへと進んだ今村にとって、尊敬する選手と言えば、同じ道を先行して歩んだ上杉海斗になるのは必然だ。上杉は今村より3歳上。だから清風高ではかぶることはなかったが、今村が中学生の頃に短期間、同じテニスクラブに在籍したことがあり、上杉は憧れの存在だった。

 そして今村が慶大に入ると、2人の関係性は一気に深まる。期待のルーキー今村と、4年生で主将の上杉。2人は寮でも同部屋となり、コートの内外で今村は上杉の教えを受けることになる。

「1年間一緒に生活して、練習はもちろん、食生活とかでもアドバイスをもらいました。上杉さんはダブルスもすごくうまいし、刺激を受けたり学べる部分は多いです」と今村。

 上杉が卒業してプロになったのを見て、今村も励みになったという。「身近に同じルートを辿るいい目標がいてくれて、僕も頑張れました」
  今村は大学で着実に力を付け、3年時には上杉も取れなかったインカレのタイトルを獲得。そして4年となった昨年、並み居るプロを押しのけて全日本選手権で準優勝を果たす。その準々決勝では初めて上杉との直接対決が実現。上杉が故障明けだったことも影響したかもしれないが、6−2、7−5で今村が勝った。

「先輩とか考えず、無心でやりました。試合後に何て言われたか、ですか? よく覚えてないんですけど、『強くなったな』ぐらいは言われたかもしれません」と今村は照れくさそうに笑う。

 近年、大学を卒業してプロになる選手が増えている。上杉の後、早大の島袋将や中大の望月勇希、そして今村と続き、慶大の1つ後輩、羽澤慎治もプロを視野に入れていると聞く。上杉と島袋はデビスカップ代表にも選ばれ、島袋はデビュー戦で勝利するなど、結果も出している。

「大学からプロを目指す人が多いのは心強いし、切磋琢磨できるのがいい」と語る今村。

 プロとして掲げる目標は「グランドスラムの本戦に出ること」だ。ライバルたちと競い合いながら、その夢に挑んでいく。

取材・文●渡辺隆康(スマッシュ編集部)

【PHOTO】今村が台風の目となった「2020全日本選手権」のスナップ集