大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の価値が高まっている。今さら言うまでもないかもしれないが、それは今季のMLBのレギュラーシーズンで大フィーバーを巻き起こしたからである。
【動画】全46本塁打を一挙振り返り!歴史を築いた大谷翔平の本塁打をチェック

「本当にできるのか」――。開幕前には二刀流としてフルシーズンを戦わんとする27歳のサムライに対して、そんな懐疑的な声も少なくなった。しかし、ふたを開けてみれば、投打の両面で異次元の活躍ぶりを披露したのだ。

 打っては打率こそ.257ながら、アメリカン・リーグ本塁打数3位の46本に加えて、100打点、103得点をマーク。投げても130回1/3で9勝2敗、防御率3.18、156奪三振という驚異的な成績を記録。投打5部門での「100超え」は、あのベーブ・ルースでも成しえなかった大記録でもあった。

 いまやア・リーグのMVP争いで最右翼にもあげられている。仮に受賞すれば、日本人では2001年のイチローに次いで史上二人目の快挙だ。すでに大谷のMVPは確定的だとの意見も多いが、その大きな理由は、近年のMVP選考時の指標のひとつとなっている「WAR」が図抜けているからだ。
  打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標のWAR。それが今季の大谷は、アメリカの二大野球データサイトと言われる『Baseball Reference』(9.0)と『Fan Graphs』(8.1)で、どちらもMLBトップのハイアベレージを記録したのである。

 この図抜けた数値は歴史的に見ても圧巻の一語だ。それゆえに現地メディアも驚きを隠さない。とりわけ、米メディア『The Ringer』の見解は印象的だ。

 開幕前に「2.7程度だろう」と予想していた『Fan Graphs』で5.4もの差が生まれことについては、「そもそも健康なオオタニは大ブレークするポテンシャルを十分に持っていたが、彼がここまで健康を維持し、期待の範囲の大きく超え、最上レベルの活躍をする確率はわずかなものだった」と指摘。

 また、2位のウォーカー・ビューラー(ロサンゼルス・ドジャース)に1.2差をつけた『Baseball Reference』での評価を、「極めて競争的なこの時代において異常に大きな差だ」と断言し、そのうえで2位と1.2以上も開いたケースは、過去35年でカル・リプケンJr.(1991年)、ロジャー・クレメンス(1997年)、ペドロ・マルティネス(2000年)、バリー・ボンズ(2001年)、マイク・トラウト(2012年)の5例しかなかったと伝えた。

 この1年で球史に残るスターとして認知されるようになった大谷。その存在感を考えても、今季のMVPは彼をおいてほかにいないはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る