2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。彼が投手として記録した9勝を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。

 今回は“投打走”で躍動した5勝目の試合だ。初回から先制打&14盗塁を決めた大谷は、投手としても7回までソロ1発の好投を続け、最後にはこの日最速となる100マイル(約160キロ)をマーク。圧巻の“ショウタイム”に現地はどよめきが止まなかった。

記事初掲載:2021年7月27日

【動画】渾身の100マイル! 大谷翔平が投じたラストピッチをチェック

―――◆―――◆―――

 現地時間7月26日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたコロラド・ロッキーズ戦に「2番・投手」の“リアル二刀流”で先発。打っては4打数1安打1打点を記録し、投げても7回1失点5奪三振をマークする活躍で、チームの6対2の勝利に貢献した。

 シーズン5勝目をマークした怪物のピッチングで脚光を浴びているのが、7回に投じた渾身の一球だ。

 7回2死無塁の場面で、5回にソロホームランを被弾していたドン・ヌニェスと対峙した大谷は、初球にいきなり99.3マイル(約159.8キロ)の速球を投じる。この時点で彼の球数は96球に達していたが、背番号17はここでギアを上げる。

 2球目はスプリットが抜けてボールになるも、3球目にインハイへの高速スライダーを投げて追い込む。そして、この試合の99球目だった。大谷はアウトハイへ、この日最速となる100マイル(約160キロ)のフォーシームを投げ込み、ヌニェスから空振りの三振を奪ったのだ。
  ヌニェスが空振りした後に目を丸くした姿も印象的であったが、何よりも投げ終えた後に「ヨッシャ」とガッツポーズを披露した大谷の気迫に、球場のエンジェルスファンは熱狂し、割れんばかりの拍手と声援が送られた。その姿は間違いなくスーパースターのそれだった。

 現地メディアも27歳のサムライが投じた100マイルボールに驚嘆している。地元放送局『Bally Sports West』が「なんてことだ。彼は人間なんかじゃない」と実況すれば、米メディア『The Athletic』などで執筆していたブレント・マグワイア記者は、興奮気味にリポートした。

「ショウヘイ・オオタニは99球目に100マイルを投げた。もう彼は絶対的にどうかしている」

 この日は打撃でも、初回にバットを折りながらも先制タイムリーヒットを放って見せた大谷。投打にわたる大活躍に対する熱狂は、しばらく静まる気配はない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る