2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。彼が投手として記録した9勝を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。

 今回は7勝目を飾った試合にクローズアップする。この日は打席でも弾丸二塁打を放つなど活躍した大谷だが、マウンドでも6回2失点の快投を見せるなど大活躍。止まる気配のないサムライのハイパフォーマンスに、現地記者からは感嘆の声が漏れた。

記事初掲載:2021年8月13日

【動画】「本当の凄さは理解されていない」見識者も驚愕の二刀流オオタニの姿!

―――◆―――◆―――

 現地時間8月12日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、トロント・ブルージェイズ戦に「1番・投手」として先発出場。4回に2失点を許すも、その後は付け入る隙を与えない投球で6回(99球)を被安打3、6奪三振に抑え、7勝目を飾った。

 今季17度目のマウンドは、本塁打王争いをするブラディミール・ゲレーロJr. との対戦が注目された。初回に巡ってきた最初の対決はレフト前ヒットを許した大谷だが4回の“2回戦”はスライダーで空振り三振に斬った。6回には四球を与えるも、後続をピシャリと締め、マウンドを降りた。

 打っては、初回の第1打席は相手先発右腕ホゼ・ベリオスの内角シンカーを巧み振り抜くと、打球速度112マイル(約180.2キロ)の左中間を破る弾丸二塁打に。2回の2打席目は四球で出塁し、3点目のホームを自ら踏んだ。その後はセンターフライ、見逃し三振で、3打数1安打1得点1四球という内容だった。

 投手として防御率2.93と好パフォーマンスだけに留まらず、打撃では本塁打数メジャートップ。さらにOPSはゲレーロJr.に次ぐMLB2位の1.017と驚異の数字をマークしている。
  この相変わらずの超人ぶりには現地識者ら目を丸くする。米スポーツ専門局『ESPN』のリポーター、アルデン・ゴンザレス氏は、「皆、ショウヘイ・オオタニについて話す。だけどまだ彼がやっている本当の凄さは理解されていないと思う」と口にする。

“二刀流”として唯一無二の背番号17。常識を覆すプレーには、世界から熱視線が送られている。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!