大学日本一のチームを決める「全日本大学対抗テニス王座決定試合」が2年ぶりに開催!愛媛県総合運動公園で11月8日に開幕し、12日に決勝を迎える。9日には男女2回戦の半分が行なわれ、男子の近畿大学と関西大学、女子の早稲田大学と関大がベスト4入りを決めた。

 男子では関西地区第1代表の近大が危なげない試合運びで鹿屋体育大学に快勝。ダブルスを3−0とした後、シングルスでもS5を除く5本をストレート勝ちし、8−1で突き放した。関西第2代表の関大も単複で強さを見せ、東北大学を相手に失セットゼロの9−0で勝利した。

 女子は関東地区第2代表で2大会ぶりの王座出場となった早大が好スタートを切った。エース神鳥舞が単複でチームを引っ張り、5−0で北海学園大学に完勝。

 一方、関西第2代表の関大は中京大学の粘りに苦しんだ。ダブルスを1−1で分けた後、シングルスでS2を落として追い詰められる。S3を奪って追いつき、雌雄を決するS1対決はフルセットにもつれ込んだが、これを関大の中村天音が制して何とか中京大を振り切った。

 10日は残る2回戦、男子の慶應義塾大学対松山大学、早大対中京大、女子の慶大対松山大、姫路大学対鹿屋体大が行なわれる。
 ◆男子2回戦結果(11月9日)

○近畿大学[8−1]鹿屋体育大学×
D:3−0
S:5−1

○関西大学[9−0]東北大学×
D:3−0
S:6−0

◆女子2回戦結果(11月9日)

○早稲田大学[5−0]北海学園大学×
D:2−0
S:3−0

○関西大学[3−2]中京大学×
D:1−1
S:2−1

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】早慶の選手たちが活躍した関東学生トーナメントスナップ集