12月22日、新日本プロレスは、『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール4連戦の2戦目を開催。今シリーズは年明けの1月4日、5日に東京ドームで開催される『レッスルキングダム16 in 東京ドーム』の前哨戦となる。

 この日の第3試合は、石井智宏&真壁刀義&本間朋晃&YOHの「CHAOS&G・B・H連合」と、EVIL&高橋裕二郎&ディック東郷&SHOのバレットクラブ内ユニット「HOUSE OF TORTURE」(H.o.T)が対戦した。

 CHAOSとH.o.Tの東京ドーム二連戦の前哨戦に、G・B・Hタッグが加わった8人タッグは、予想どおりH.o.Tがゴングを待たずに相手を奇襲するという荒れ模様に……。1.4ドーム大会で石井が保持するNEVER無差別級王座に挑戦するEVIL、そしてYOHとシングルで対決するSHOはとくに激しいやりあいを見せた。

 YOHは、1.5ドーム大会でH.o.Tが保持しているNEVER無差別級6人タッグ王座に後藤洋央紀&YOSHI-HASHIとのトリオで挑戦するとあって、EVILや裕二郎にも仕掛けた。だが、H.o.Tは得意のラフ殺法で石井と真壁、YOHを分断する。

 そして本間のこけし攻撃を食らいながらも、裕二郎がケインを持ち出してレフェリーの注意を逸らしている隙を突いて、SHOが卑怯なレンチ攻撃を炸裂させたのだ。これで動きの止まった本間に、裕二郎がBig Juiceを決めてカウント3。この夜もH.o.Tが暴走スタイルで勝利を収めてしまった。
  試合後、SHOによってリングに入れられたYOHが袋叩きに遭う。これを石井が救出に入ると退散したが、これはフリで東郷が背後から石井を急襲。H.o.Tが今度は石井に暴行を働く。さらにEVILはNEVERシングルのベルトで殴りつけ挑発。SHOはYOHを睨みつけながらバックステージへと去っていった。

 口を押えながらバックステージに現れたSHOは、「YOH、お前、ふざけんじゃねぇぞ。ルールぐらい守れねぇのかよ。俺、タッチしてねぇんだぞ!?(試合)権利ねぇのに攻撃しくるとか、それでもレスラーか!?ルールぐらい守れやクソがッ!」と理不尽発言。

 そして東郷を伴ってコメントスペースに現われたEVILは、「石井よ、テメェが何わめこうが、もうカウントダウンは始まってんだ。わかったか? よく覚えとけ。(東郷に向かって)よし、行くぞ!」と叫んで、控室に引きあげた。

 H.o.Tの辟易とする暴挙はまだまだ止まない。

◆新日本プロレス◆
『Road to TOKYO DOME』
2021年12月22日
東京・後楽園ホール
観衆 433人
▼8人タッグマッチ(30分1本勝負)
石井智宏&真壁刀義&●本間朋晃&YOH(11分48秒 体固め)EVIL &高橋裕二郎○&ディック東郷&SHO
※BIG JUICE

文●どら増田

【動画】お馴染みにポーズからの奇襲! Chaosの傍若無人な振る舞いをチェック