2021年のスポーツ界における名場面を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、東京五輪でのほっこりするエピソードを取り上げる。今夏に来日して大会を追い続けたハーロウさんのもとに届いたサプライズプレゼントの中身とはいったい何だったのか。

記事初掲載:2021年8月2日

――◆――◆――

 海外記者に日本人女性から素敵な贈り物だ。

【画像】「なんという贈り物でしょう」ハーロウ記者が投稿した一連のツイートをチェック!

 カナダ放送局『CBC』で東京五輪レポーターを務めるデヴィン・ハーロウさんは8月1日、「今日の午後、私はCBC国際放送センターに到着すると、私宛に郵便物が届いていた!」と驚きをもってツイート。自身に宛てられた大きな茶封筒の写真を掲載し、その中身を紹介している。

「パッケージを開けてみた。中身を見てみましょう!」とハーロウさん。開封した封筒の中に入っていたものは、ドラえもんのうちわに、新幹線や柴犬、ハンバーガーなどが完成するブロック玩具、そして英語で綴られた直筆の手紙だった。45歳の日本人女性から贈られたもののようだ。
  これを読んだハーロウさんは、手紙の内容を「ツイッターで私を見つけたこと。新幹線が大好きな4歳の息子さんのこと。そして、私に日本を楽しんでほしいということ」と伝えると、「なんという贈り物でしょう。信じられない」と感激の気持ちを表現。最後は、次のような返しのメッセージを送っている。

「ヨウコさん。もしあなたがこれを読んでいたら第一に、私を日本に歓迎し、くつろがせてくれてありがとうと伝えたい。そして第二に、私はこの贈り物が大好きだ。完成したレゴの写真を送りたい。最後に、あなたとあなたの息子さんの幸せを願う。あなたからの思いやりを絶対に忘れない」

 各競技が盛り上がりを見せる東京五輪。連日の取材で大忙しなハーロウさんにとって、ほっこりする瞬間となったようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】話題沸騰! 東京オリンピック開会式の名場面を厳選フォトで一挙に紹介!