12月23日から、さいたまスーパーアリーナで行なわれたフィギュアスケートの全日本選手権は、26日の男子フリースケーティングで全日程を終了。それに伴い、2月に中国の北京で開催されるオリンピックに参加する選手が発表された。

 男子シングルは、全日本選手権優勝の羽生結弦、グランプリ(GP)シリーズNHK杯を制した宇野昌磨、そして残りの1枠は17歳の鍵山優真になった。

 女子シングルは女子シングルを制した坂本花織、2位の樋口新葉、そして河辺愛菜が選出された。

 また、ペアは三浦璃来・木原隆一組。アイスダンスは全日本を制した小松原美里・小松原尊組が選出された。

 発表された代表メンバーは以下の通り。

 ●北京五輪代表(2022年2月中国・北京)

 男子シングル(3枠)
 羽生結弦
 宇野昌磨
 鍵山優真

女子シングル(3枠)
 坂本花織
 樋口新葉
 河辺愛菜

ペア(1枠)
 三浦璃来・木原龍一組

アイスダンス(1枠)
 小松原美里・小松原尊組 

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】新SPを入念にチェック!公式練習に臨んだ羽生結弦の姿を一気見せ

【PHOTO】日本のアイス・プリンス!羽生結弦のシニアデビューから現在をプレイバック!

【全日本フィギュアPHOTO】宇野昌磨がSPに向けて入念なジャンプチェック。ランビエールコーチが見守るなか、果敢に