女子フィギュアスケートの本田真凜が12月29日、公式インスタグラム(@marin_honda)を更新。先の全日本選手権で撮影された“厳選ショット”を公開するとともに、同競技への率直な思いを改めて綴っている。

【全日本フィギュアPHOTO】「もっと強くなりたい」決意も新たに臨んだフリーで華麗に舞う本田真凜の姿を、厳選ショットで振り返り!

 前回大会は体調不良による欠場と不本意な結果に終わった本田。しかし、今年は2年ぶりに全日本の舞台に立つと、ショートプログラム(SP)で55.73点をマークして23位発進。続くフリースケーティング(FS)を100.80点とし、総合156.53点で21位フィニッシュとなった。
  今回の投稿では、妹・望結の衣装に身を包んだSPでの4枚、淡いパープルの衣装を纏ったFSでの1枚を掲載。文面には「やっぱり自分はここが大好きなんだと心から思えた大会でした」と感想を綴り、「ありがとうございました」とスケート靴の絵文字とハートマークを添えている。

 投稿をチェックしたファンからは、「まりんちゃんの演技は最高です」「本当に本当に元気もらえる!」「すごくパワーをもらいました!」「心に残るスケートってこういうのだなって思いました」などと反響が続々。これに対して、本田も「コメント欄みて涙ちょちょぎれてます、う“わ“ーーん」と感激のコメントを書き込んでいた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連フォト】本田真凜が公開した全日本の“厳選ショット5枚”をチェック

【PHOTO】リンクに咲く美しきなでしこ!本田真凜の可憐な厳選フォトを一挙公開!