現地時間4月16日に幕を開けたNBAプレーオフ2022の初日、ゴールデンステイト・ウォリアーズはデンバー・ナゲッツを123−107で下した。

 ウエスタン・カンファレンス3位のウォリアーズ(53勝29敗/勝率64.6%)と6位のデンバー・ナゲッツ(48勝34敗/勝率58.5%)によるレギュラーシーズン中の戦績は、ナゲッツが3勝1敗と大きくリード。しかしながらこの日、ウォリアーズは自慢の得点力を存分に発揮した。

 プレーオフデビュー戦となったジョーダン・プールがゲームハイの30得点、クレイ・トンプソンが5本の3ポイント成功を含む19得点、アンドリュー・ウィギンズが16得点、9リバウンドをマークしたほか、左足の靭帯捻挫から約1か月ぶりに復帰したステフィン・カリーは、ベンチスタートから16得点、4アシストを記録した。
  だがこの試合、相手に最もダメージを与えたのは、今季ナゲッツ戦に初出場したドレイモンド・グリーンだった。32歳の闘将は、28分55秒の出場でフィールドゴール5/7(成功率71.4%)の計12得点に6リバウンド、9アシスト、3ブロックとマルチな働きを披露。

「ドレイモンドは(将来に)殿堂入りする選手だ。彼はリーグでもベストなプレーヤーの1人。今夜その理由を見せつけてくれたよ」とスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が語れば、トンプソンも「ドレイモンドは世界でもベストなディフェンダーさ。僕が一緒にプレーしてきた選手たちのなかでベストなディフェンダーなんだ。彼は本当にディファレンスメーカー(違いを生み出す存在)になる。彼がいないと、僕らはウォリアーズではないんだ」と絶賛した。

 この試合、ナゲッツの大黒柱ニコラ・ヨキッチはフィールドゴール12/25(成功率48.0%)の25得点に10リバウンド、6アシスト、3スティールを記録。だがグリーンがマッチアップしたシーンではフィールドゴール3/12(成功率25.0%)で、ゲーム全体でもグリーンは対峙した相手をフィールドゴール5/19(成功率26.3%)に封じ込んでみせた。「俺たちは物事をタフにしようと仕向けなきゃならない。素晴らしい選手、点を取ってくる相手と対戦するんだからな。彼はそれでも25得点を残したんだ。だから偉大な選手を封じているとは言えない。彼がNBAのMVPなのには理由がある」

 ヨキッチに対するリスペクトをそう口にしたグリーンは「彼は本当にすごい選手なんだ。ガードするのがもの凄く難しい。俺がガードする時は、チェスもプレーしているようなもの。彼のスポットへ向かっていって身体をぶつけるだけじゃダメなんだ。ああいう相手とはいくつもの異なるゲームをしてトライしなきゃならない」と、難敵に対するマッチアップ方法について語った。
  とはいえ、ヨキッチとナゲッツがこのまま終わることはないだろう。18日のシリーズ第2戦に向けて、グリーンはこう話している。

「ほとんどの連中は『おいすげえな。凄いじゃないか』と思うだろう。だが俺に言わせれば、彼は次の試合で40(得点)に15(リバウンド)、15(アシスト)を食らわせようとしてくると感じるね。彼はムカついているってこと。次の試合で復讐すべく立ち向かってくるだろう」

 プレーオフのシリーズを突破するためには、同じ相手を4度も倒さなければならない。プールやトンプソン、カリーのシュートタッチも重要だが、ウォリアーズが1回戦を突破するためにはヨキッチのスローダウンは必須なだけに、グリーンを中心とするディフェンスにも注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!