現地時間4月17日に行なわれたブルックリン・ネッツとボストン・セルティックスによるプレーオフ1回戦第1戦は、同点12回、リードチェンジ20回という激戦の末、最後はジェイソン・テイタムが鮮やかなスピンムーブからレイアップをねじ込み、セルティックスが115−114で劇的勝利を飾った。

 ネッツはカイリー・アービングがフィールドゴール成功率60%(12/20)、3ポイントも同60%(6/10)と絶好調で、ゲームハイの39得点に5リバウンド、6アシスト、4スティール。その一方で、ケビン・デュラントはフィールドゴール成功率37.5%(9/24)と不発。「相手が俺をうまく引きはがし、ペイントではヘルプしてきた。いい仕事をしていたよ。俺としてはいくつかのショットは入ると感じていたんだけどね」と、次戦への闘志を燃やしていた。

 最後のポゼッションで、ネッツはアービングがアタックを仕掛けるも、今季の最優秀守備選手に選ばれたマーカス・スマートとアル・ホーフォードがシュートまで持ち込ませず、ボールを託されたデュラントもテイタムの前にミスショット。ネッツが誇るリーグ最高級のスコアリングデュオは、次戦こそリベンジすると見られていた。
  ところが、20日に行なわれたシリーズ第2戦でも両エースは本来の爆発力を発揮できず。セルティックスが最大17点ビハインドを跳ねのけて114−107で2連勝を飾った。

 セルティックスはジェイレン・ブラウンが22得点に6アシスト、3スティール、テイタムが19得点、6リバウンド、10アシスト、控えのグラント・ウィリアムズがすべてのシュートを沈めて17得点を残すなど、計7人が2桁得点をマーク。

「今日の試合はまるでオールドスクール(昔のような守備型)なプレーオフゲームだったね。粘り強く戦わないといけないということ。それが僕らのやったこと、皆で集中してやり遂げたんだ。劣勢を覆した皆のことを誇りに思うよ」とテイタムは試合後に語り、チーム一丸となって掴み取った1勝を喜んだ。
  ネッツはブルース・ブラウンが23得点、8リバウンド、4アシスト、2ブロック、ゴラン・ドラギッチが18得点、セス・カリーが16得点をあげるも、アービングはフィールドゴール13本中4本成功でわずか10得点。デュラントもフリースローを20本中18本沈めて27得点をあげたものの、フィールドゴール成功率は前戦を下回る23.5%(4/17)にとどまり、6ターンオーバーも喫した。

「我々は毎回、彼(デュラント)に身体をぶつけていきたい。彼が快適にゴールへ向かうスペースを取り上げたいんだ。彼のようなハイレベルなスコアラーにはそうしていくしかない」

 試合後、デュラントへの対策を語ったセルティックスのイーメイ・ユドカHC。ここまではその作戦が見事にハマっていると言えるだろう。

 特にこの試合の後半、デュラントとアービングはフィールドゴールを17本放って成功はわずか1本、成功率5.9%と沈黙。デュラントは10本すべてをミスし、4つのターンオーバーを記録した。
 「頭を抱えて落ち込んでいる時間なんてない。これもプレーオフの一部なんだ」とアービングは切り替えを誓うも、デュラントはセルティックスのディフェンスを称賛。

「俺がどこへ行こうと2、3人がついてくる。彼らは俺の得点を断ち切り、ショットメーキングを制限すべく、いい仕事をしている。(ジャンパーを放つ時は)2、3人がコンテストし、俺がドライブすれば誰かが(コースに)入ってくる」

 セルティックスの2連勝で幕を開けたシリーズは、ネッツのホームへと場所を移して23日に第3戦、25日に第4戦が行なわれる。「相手はいい仕事をしている。それを解決するのは自分次第だ」と語ったデュラントが、次戦以降に巻き返すことができるのか、注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)