現地時間2月10日のトレード・デッドライン当日に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからブルックリン・ネッツへ移籍したベン・シモンズ。25歳の大型PG(ポイントガード)は、シクサーズではチームとの関係性が拗れ出場を拒否、ネッツでも故障により新天地デビューを果たせず、今季ここまで1試合もプレーしていない状況にある。

 そんななか、ボストン・セルティックスとのプレーオフ1回戦第4戦で、プレータイムに制限を設けた上で復帰する可能性があると米スポーツ専門局『ESPN』をはじめとする米メディアが報道。ポストシーズンの大舞台で、今季一度もコートに立っていない選手をぶっつけ本番でカムバックさせるのはかなりのリスクを伴うものの、シリーズ第3戦を終えてネッツは0勝3敗と崖っぷちに立たされているだけに、流れを変える“起爆剤”的な役割として大きな期待と不安が寄せられていた。

 しかしながら、シモンズを第4戦でカムバックさせるプランは露と消えたようだ。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、シモンズは4月24日に故障箇所である背中の痛みが再発。翌25日に行なわれる第4戦は欠場すると明らかになったという。
  シモンズの欠場を受け、ネッツのチームメイトたちは驚きと失望を隠せなかったとのこと。そしてそれ以上に失望感を露わにしているのがレジー・ミラー。かつてインディアナ・ペイサーズで活躍したレジェンドOBは、自身のSNSでネッツにエールを送るとともに、シモンズを痛烈に批判した。

「冗談だろ? デビューするだろうと噂されていたのに、第4戦を欠場するとはね。この男(シモンズ)は競争心がゼロなんだ。このシリーズでネッツが巻き返すチャンスは少ないが、まだKD(ケビン・デュラント)とカイリー(アービング)がいる。必要なのはまず1勝すること、そしてそこから逆転するのさ……」

 はたしてネッツはこの絶体絶命の状況から巻き返せるのか。そして第5戦以降、シモンズが復帰する可能性はあるのか。注目のネッツとセルティックスの第4戦は、明日25日に行なわれる。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!