3月25日に開幕したプロ野球は早くも1か月が経過した。絶好調の選手、不振に苦しむ選手など早くも明暗が分かれている。ここで全12球団の開幕からの「MVP」、「逆MVP」を挙げてみる。今回は楽天だ。※成績は4月24日時点

【動画】“絶好調”西川!古巣・日ハム戦で見せたタイムリースリーベースをチェック

●MVP
西川遥輝(外野手)

 今月1日、チームは感染拡大で則本昂大ら7選手の離脱を余儀なくされ、球界にも激震が走ったが、新天地に仙台を選んだ過去4度の盗塁王が、開幕ダッシュの原動力となった。メジャー移籍断念やノンテンダーなどあった昨年の鬱憤を爆発させているかのような活躍ぶりで、主な成績は、打率.343(2位)、OPS1.074(1位)、出塁率.477(1位)、得点20(1位)、打点15(2位タイ)、盗塁6(2位タイ)。ほとんどでパ・リーグを席巻している。

 今年は鋭い当たりを放つ打席が格段に増え、走者を還す役割にも目を奪われる。しかし最大の魅力はテーブルセッターとしての本領だ。とくに初回出塁率は.632。西川効果もあり、打線が初回に相手投手に30球以上投げさせた例はすでに3試合も。初回12得点はパ・リーグ1位を記録し、西川が1番に君臨したチームはゲーム開始と同時に主導権を握り、中盤へ向けて有効な布石を打つことに成功している。
 ●逆MVP
辰己涼介(外野手)

 今後の覚醒へ期待を込めて選出した。昨年にゴールデングラブ賞を初受賞した守備力は今年も健在。近藤祐司アナが「アイスクリーム・コーン・キャッチ!」と叫んだ4月9日の日本ハム戦など、今年もセンター頭上を越されそうな大飛球を何度もグラブに収めている。

 一方で、打撃成績が寂しいかぎりなのである。現在は、打率.204、OPS.665。本塁打こそ2本放つが、出塁率も3割を割り込み、過去2年と大差がない。4月21日の中継でズバリ指摘したのは、昨年までコーチとして辰己を指導した鉄平さんだった。

「スイングやタイミング、打ちにいく感覚がまだ固まっていない。打席、試合ごとに違うので成績も安定しない。本人すごくまじめで練習もよくするんですよ。でもそのぶん、悪い感覚も引きずってしまう傾向がある」

 4球団競合したドラフト当時、平石洋介監督は「スターどころか、スーパースターの器」と評し、多くのファンが未来予想図に秋山翔吾(元・西武)を思い描く逸材だ。しかし4年目とする今なお、好打者への脱皮が見られないのは残念だ。

文●eagleshibakawa

【著者プロフィール】
信州上田在住。故郷の戦国武将・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える市井の野球好き。野村ID野球に感化され、2009年から様々なデータを集計しながら楽天を定点観測し、気づいたことをSNSなどで発信。

【オープン戦 PHOTO】巨人 3-4 楽天|楽天・田中将が6回2失点。巨人は岡本と丸がアベック本塁打の共演

【関連記事】日本ハム伊藤大海が「我々は無感情のピッチングマシーンではない」と独り言。同日には佐々木朗希の“球審詰め寄り騒動”も

【関連記事】井口監督のぶれない決断。“完全試合”で佐々木朗希を降板させた、「世界の宝」を預かる男の覚悟と見据える未来