F1第4戦のエミリア・ロマーニャ・グランプリは4月24日に決勝が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は12番手スタートから今季最高の7位フィニッシュを飾り、3戦ぶりのポイント獲得を達成した。

 予選で悔いの残るQ1敗退を喫するも、スプリントで巧みに4つ順位を上げて入賞に望みを繋いでいた日本人ドライバーは、オープニングラップで2つ順位を上げて早くもポイント圏内に入ると、後続車に迫られながらも順位を守り続け、47周にケビン・マグヌッセン(ハース)を抜き、さらに54周にはセバスティアン・ヴェッテル(アストンマーティン)、ピットインしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)を一気にかわして6位に浮上。ルクレールには62分に先行を許したものの、最後までハイペースは落ちなかった。
  会心のレースで6ポイントを手にし、通算10ポイントでチームメイトのピエール・ガスリー(12位)を上回ってドライバーランキング10位に浮上した角田は、自身のSNSに「7位! 今日は本当にハッピーです。特にホームサーキットでポイントを獲得できたことが。グラッツィエ」と投稿。また、公式サイトでも「スーパーハッピー」と喜びを表現し、以下のようにポジティブにレースを振り返っている。

「今日はファクトリーの人たちが多くグランドスタンドで観戦しており、毎周、アルファタウリの旗を振っているのが見えて、僕を勢いづけてくれました。チームでハードワークをしてくれているみんなに、大きな感謝の気持ちを抱いています。車のペースは本当に良く、ここまで力強いものになるとは、予想していませんでした。週末を通して進歩し、今日の午後(決勝)に良いパフォーマンスを発揮できたことを嬉しく思います」

 チェッカーフラッグを受けた直後の無線でも、チーム関係者に対して何度も感謝の言葉を伝え続けた角田は、レース後のインタビューで「オーストラリアGPに比べてもペースは“スーパーグッド”だった」「スーパーポジティブ」とアップデートを施された車に満足感を示し、「今後もドライビングが楽しみです」とも語っている。

 アルファタウリはそんな21歳に対して「素晴らしいドライビング」「予選Q1脱落から多くのポイント獲得。ユウキにとっての力強い週末」とSNSで賛辞を贈ったが、フランツ・トスト代表も、姉妹チームであるレッドブルの1、2フィニッシュ(優勝はマックス・フェルスタッペン)を喜ぶとともに、「私たちのレースも成功を収めた」と、角田について言及した。

「ユウキは12番手からスタートし、1周目で早くも10番手に上がった。力強いドライビングで多くの車を追い抜き、7位フィニッシュを果たした。彼は金曜日から競争力を持っており、今後のレースに向けても良いベースができたと思う。ここイモラで、ユウキのエキサイティングなパフォーマンスを楽しむことができて良かった」
【動画】角田が2台抜きで6位に順位アップ!ホームレースで大健闘 このようにチーム内で称賛を受けている角田に対しては、各国メディアも高評価を与えており、英国のモータースポーツ専門サイト『THE RACE』は毎レース恒例の記事「勝者と敗者」で日本人ドライバーを前者に選出。「角田は今週末を通して、見込みのない状況を良いものに変えてしまう習慣を身につけた」「決勝ではDRSが有効になれば、順位を落としてしまうと思われたが、そこから急上昇」「昨季の最終戦アブダビGPに次ぐ、良いドライビングを見せた」「同僚ガスリーも圧倒的に打ち負かした」とポジティブな文章が並んだ。
  地元イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は、「角田にとっての素晴らしいレース。ファエンツァのチームにとっては難しい週末のスタートとなり、予選では2台ともQ1敗退を喫したが、日本人ドライバーの中で何かが変わり、スプリントでは見事なリカバリーを見せ、決勝では7位入賞で貴重なポイントをチームにもたらした」と報じている(アルファタウリは通算16ポイントでハースを抜いてチャンピオンシップ7位に浮上)。

 また、エミリア・ロマーニャ州ラベンナのオンライン新聞『RAVENNA TODAY』は「アルファタウリの難しい週末を角田が修正。小さなサムライは一貫したドライビングで、重要なポイントを手にできるよう、AT03を導いた」、モータースポーツ専門サイト『F1 CHRONICLE』は「アルファタウリのファンとスタッフは、ファクトリーからわずか10マイルの距離のイモラで、角田の7位入賞を祝い、フェラーリの敗北で失望に包まれたイタリアを明るくした」と綴った。

他にも、オランダのF1専門サイト『F1MAXIMAAL.NL』は「日本人ドライバーがフランス人の同僚を打ち負かし、イタリアのホームの群衆の前で6ポイント獲得を達成。パフォーマンスは最適なものだった」、フランスのモータースポーツ専門サイト『Motorsport NEXTGEN-AUTO.com』は「角田は慣れ親しんだイモラで、非常に堅実で頼もしいパフォーマンスを披露。追い抜きをしっかり決めてみせ、ノーミスで効率良く7位入賞を飾り、チームメイトをランキングで上回った」と、角田のレースを報じている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】角田裕毅、スプリントは納得の12位フィニッシュ! 伊メディアは「ポイントにも十分に手が届く」と決勝に期待

【PHOTO】韓国の“次世代セクシークイーン”ことユ・ヒョンジュの悩殺ショットを一挙公開!