4月24日、新日本プロレスは、『ゴールデン・ファイト・シリーズ』広島・広島サンプラザホール大会を開催。セミファイナルでは、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合として、チャンピオンチームのEVIL&高橋裕二郎&SHOのH.o.T(パレットクラブ内ユニット)に、タマ・トンガ&&タンガ・ロア&棚橋弘至のG.o.Dエースが挑戦した。
【動画】深まる因縁! 暴走ファイトも上等のタマとEVILの抗争シーンをチェック

 バレットクラブを追放されたG.o.D(マネージャーの邪道も含む)と棚橋が電撃合体し、H.o.Tと抗争を繰り広げている。そうしたなかでの試合は序盤からH.O.Tが得意としているラフファイトを展開して流れを掌握する。しかし、そこは元バレットクラブメンバーがいるG.o.D。すかさすラフファイトで応戦していく。

 だが、裕二郎がレフェリーをつかんでロアにぶつけると、レフェリーがダウン。またまたリング上が無法状態に陥ると、案の定、セコンドのディック東郷がスポイラーズチョーカーでロアの首を締めあげていく。

 ここは邪道が東郷を排除したものの、再びエイプシットをロアの攻撃は、裕二郎のレフェリーを使った守りに回避されてしまう。すると、これを勝機と見たH.o.Tは、EVILがローブロー、さらにSHOがレンチでロアを殴りつけ、最後は裕二郎がBIG JUICEを決めてカウント3を奪取した。
 試合後、自身が保持しているNEVER無差別級王座に挑戦するタマにベルトを見せつけニヤリ。バックステージでもじょう舌で、「これがよ、本隊とHOUSE OF TORTURE の実力の差だ。オイ、タマ! おまえのリベンジは、大失敗に終わったな。次はよ、お前自身が福岡で大の字に寝る番だ。人生で一番の挫折を味合わせてやるよ。よく、覚えとけ!」とタマとの来月1日の福岡大会での対決も制する勢いだ。

 6人の中で唯一のジュニア選手だったSHOも「これでわかったろ? 俺たち最強だよ!もう誰も勝てねーよ、無理無理! 俺たち、最強すぎるわ!余裕や!」と強調。試合を決めた裕二郎も「1本(ビール)飲んじまったよ! というか、俺たち HOUSE OF TORTURE のチームワークは、世界最高峰、史上最高だよ。なあ? それはよ、タッグマッチだろうが、シングルマッチだろうが、変わらねえ!」と語気を強めた。

 一方のタマは「いいか、よく聞けよ。フクオカでは同じ結果にはならないぞ、EVIL。絶対に、と同じ勝手なまねはさせない……」とリベンジを誓うと、棚橋もこのトリオを「継続させたい」と、意気込んだ。

◆新日本プロレス◆
『ゴールデン・ファイト・シリーズ』
2022年4月24日
広島・広島サンプラザホール
観衆 1118人
▼NEVER無差別級6人タッグ選手権試合(60分1本勝負)
<王者組>EVIL&○高橋裕二郎&SHO(9分56秒 片エビ固め)タマ・トンガ&&タンガ・ロア●&棚橋弘至<挑戦者組>
※BIG JUICE
※第22代王者組が3度目の防衛に成功

文●どら増田