二刀流スターを含む”強力打線”に現地メディアからも、熱視線が向けられている。

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

 現地時間4月28日、米スポーツ専門メディア『Bleacher Report』は、「MLBの2022年シーズンここまでで最も危険な攻撃陣」と題した特集を掲載。ランキング形式で上位10球団がピックアップされたなか、大谷翔平の所属するロサンゼルス・エンジェルスは5位に選出されている。

 同日に今季初の5連勝を飾り、13勝7敗でアメリカン・リーグ西地区の首位を走っているエンジェルス。現在、2位のシアトル・マリナーズに1.5ゲーム差をつけており、99得点、94打点、長打率.428はメジャートップ、166安打、14盗塁、打率.253、出塁率.333、OPS.761はリーグトップの数字だ。
 記事は、勢いに乗るエンジェルス攻撃陣について、「ラインナップの危険性は自明の理だ」と称賛。そして「MVPのマイク・トラウト、ショウヘイ・オオタニがここでプレーしている。アンソニー・レンドーンも復活していて元気だ」と、メジャー屈指の強打者を改めて紹介した。

 さらに、今季好調のテイラー・ウォード、ブランドン・マーシュ、ジャック・メイフィールドといった名前にも触れると、「もちろんトラウトがいるだけでも危険なラインナップだ。オオタニ(苦戦しているとはいえ)、健康なレンドーン、そしてサポートキャストがいればなおさらである」と締めくくられた。

 今回発表されたランキングは以下のとおりだ。

1位 トロント・ブルージェイズ
2位 ロサンゼルス・ドジャース
3位 フィラデルフィア・フィリーズ
4位 ニューヨーク・ヤンキース
5位 ロサンゼルス・エンジェルス
6位 シカゴ・カブス
7位 シアトル・マリナーズ
8位 ニューヨーク・メッツ
9位 アトランタ・ブレーブス
10位 コロラド・ロッキーズ

構成●THE DIGEST編集部

【動画】エンジェルス打線が好調! ウォード+大谷+トラウトの“3連続長打”をチェック

【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」

【関連記事】「審判に嫌われている」大谷翔平、“止まった”チェックスウィングも三振の判定に現地メディアも憤慨!