ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平を巡って“ある記事”が一部で物議が醸している。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 現地時間5月2日、米イリノイ州地元局『NBC Chicago』のゴードン・ウィッテンマイヤー記者は、「エンジェルスのショウヘイ・オオタニ:MLBの間違った無口なタイプ」と題した記事を掲載。「彼はスター性が高まるにつれて、大きな問題を抱え込むかもしれない」として、現地メディアへの“塩対応”に関する批判的な見解を示した。

 記事内では、「地球上で最も偉大な選手が仕事の一部を放棄している」と指摘し、チームメイトのマイク・トラウトを引き合いに出したうえで、「試合前、クラブハウスで見つけるのが簡単な選手ではないが、たいてい彼は時間があればそれを割いてくれる」と言及。さらに、次のような指摘もなされている。
「日本の記者たちによると、オオタニは母国のメディア陣に対してもっと無愛想だという。このような態度は、彼が4年前にメジャーに来てから培ってきた評判の一部であると、球界関係者は語っている」

 しかし、この記事に対しては、かねてから“オオタニ愛”を公言してきた米スポーツ専門局『Fox Sports』のベン・バーランダー氏から、「なんて馬鹿馬鹿しい記事だ」と怒りのツイート。「彼はゲームを変え、新しい視点をもたらした。とても謙虚で親切。そして、これまでで最もダイナミックな選手だ」と熱を持って記されている。

 その後も、「ショウヘイ・オオタニはMLBの“パーフェクトタイプ”であり、あなたが試合前に話しかけられなかったからといって、彼がそうでないということにはならない」とコメント。今回の記事には、ファンからの批判的な反応も多く寄せられており、その余波は広がっていきそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「審判に嫌われている」大谷翔平、第1打席は“止まった”チェックスウィングも三振の判定に現地メディアも憤慨! 本拠地は大ブーイング!

【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」