「ロースコアだったので、1点もやらないつもりで行った」

 試合後にそう語った偉才の熱投が、“聖地”での勝利を手繰り寄せた。現地時間5月5日に、敵地フェンウェイ・パークでのボストン・レッドソックス戦に、「3番・DH兼投手」として登板した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のそれだ。
【動画】ピンチで吠えた! 大谷翔平がレッドソックス打線を気迫で抑えた奪三振シーン

 この日は歴史的な登板だった。というのも、フェンウェイ・パークで、クリーンアップを打ちながら“リアル二刀流”として出場するのは、“野球の神様”と称されるベーブ・ルースが1919年9月20日のシカゴ・ホワイトソックス戦でやって以来の快挙だったのだ。

 ゆえに戦前から一挙手一投足に注目が集まっていた。そのなかで大谷は投打で異彩を放つ。投手としては7回(99球)を投げ、11奪三振、無四球無失点の好投。打っては4打数2安打1打点1得点と奮闘したのである。

 とりわけ圧巻の一語だったのは、「投手・大谷」だ。5回に今季自己最速の100.3マイル(約161.4キロ)の4シームを投げるなど、レッドソックス打線を力でねじ伏せると、自己最多となる29個の空振り(空振り率43.7%)、ストライク率81.8%という驚異的なハイアベレージを記録した。
 偉人が残した歴史を呼び起こした試合で、周囲の期待を裏切らなかった大谷。その出色のパフォーマンスには、目の肥えたアメリカの記者たちも脱帽する。ボストンの地元スポーツメディア『iHeart Media』のゲティン・クールボー記者は、「スターの“ショウ”だ」と自身のツイッターに目の当たりにした偉才の凄みを記した。

「時に、我々はノートパソコンを閉じて、記者席を離れ、スタンドに座って、ただ試合を見なければならない時がある。ショウヘイ・オオタニ同じ試合で投打に活躍した今日はまさにそれだった。これはベーブ・ルースの再来だ」

 また、止まらない大谷の進化を称える声もある。米スポーツ専門局『ESPN』のランディ・ウィルキンスも「ショウヘイ・オオタニは、現代に登場した野球界の宇宙人だ。ハイレベルなプレーを続けるのが、ただでさえ難しい今の球界で、どうしてあんなにもうまくなれるのか理解できない」と意見した。

 球界でも屈指の才能を遺憾なく発揮した大谷。そのパフォーマンスには、これからも世界から熱視線が注がれそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】敵地ファンへの大谷翔平の“いたずら”が米で話題沸騰! MLB公式も「オオタニが投げるときは油断してはいけない」と注目

【関連記事】大谷翔平の打撃を落合博満が分析!「日本の球界なら直したがる」スイングを“伝説の三冠王”はどう見ているのか?

【関連記事】ライバル球団は佐々木朗希をどう打ち崩すべきか? データで探る“令和の怪物”攻略の糸口は――