百戦錬磨の指揮官ジョー・マッドンをして「今日は格別だった。私はそのすべてに夢中になった」と言わせるほどの貫禄のパフォーマンスだった。現地時間5月5日に敵地フェンウェイ・パークで行なわれたボストン・レッドソックス戦で先発登板をし、今季3勝目を挙げた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のそれだ。

 そもそも試合の注目度は高かった。球界屈指の偉人にして、二刀流の先達であるベーブ・ルースが、1919年9月20日のシカゴ・ホワイトソックス戦でやって以来、フェンウェイ・パークでの“リアル二刀流”は、およそ103年ぶりの出来事だったのだ。

 無論、全米中の熱視線が集まった。そのなかで、大谷は期待に違わぬ活躍を見せた。

 投げてはトレバー・ストーリーやザンダー・ボガーツ、JD・マルティネスなど強打者揃いのレッドソックス打線を完封。今季最長の7イニング(99球)を投げて11奪三振をマークし、無四球というまさに手も足も出ないピッチングを披露した。

 打っても自らの勝利を呼び寄せた。4回の第2打席に400フィート(約121.9メートル)の特大ヒットを放てば、8回に無死満塁の好機で迎えた4打席目には、初球を鮮やかに流し打ち、同球場名物の“グリーンモンスター”を直撃するヒットを打って貴重な打点を記録したのである。
【動画】一振りで175キロのグリーンモンスター直撃ヒット! 大谷翔平の脅威の打撃シーン 二刀流の真価を発揮した27歳。その凄みはデータにも表れている。この試合で記録された投打のスタッツでは、球速100.3マイル(約161.4キロ)、さらに打球速度109.2マイル(約175.7キロ)がともに両軍1位の数値を叩き出すなど、あらゆる部門でトップを独占した。

 図抜けたポテンシャルを遺憾なく発揮し、話題を独占した大谷。その存在感に圧倒された現地記者も少なくない。MLB公式サイトのモリー・バークハート記者が「もうオオタニが破るべき記録が残されているとは想像がつかない」と記せば、レッドソックスの地元紙『MASS Live』は「アメリカン・リーグのMVPは、この試合で世代を超越した才能を発揮した」と称えた。

 ルースがかつて活躍した舞台で、大いに暴れまわった大谷。その傑物ぶりには脱帽するしかない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これはベーブ・ルースの再来だ」“聖地”で見せつけた大谷翔平の圧巻投球に米記者が再敬礼!「野球界の宇宙人」

【関連記事】敵地ファンへの大谷翔平の“いたずら”が米で話題沸騰! MLB公式も「オオタニが投げるときは油断してはいけない」と注目

【関連記事】大谷翔平の打撃を落合博満が分析!「日本の球界なら直したがる」スイングを“伝説の三冠王”はどう見ているのか?