F1第5戦のマイアミ・グランプリが開幕し、5月6日には2回のフリー走行(FP1、FP2)が実施された。

【関連記事】角田裕毅、米新コースに好印象! 蘭メディアは同僚ガスリーとの“追い抜き”の見解違いに注目 前回のエミリア・ロマーニャGPではスプリント、決勝レースともに好パフォーマンスを発揮して今季最高成績となる7位入賞を果たしたアルファタウリの角田裕毅は、新設された「マイアミ・インターナショナル・オートドローム」について「高速の2つのセクターと『フォーミュラEセクター』と呼んでいるタイトなコーナーが続くセクター」と説明し、「追い抜きは難しいが、とても楽しいものになる」と、事前に印象を明かしていた。

 また、初めてのコースということで「3度のフリー走行で学ぶことになる」とも語っていたが、実際に初日は全ドライバーで2番目に多い周回を重ねて、とにかくコースに慣れることに集中。FP1では27周でベストタイムは1分34秒43(18番手)、FP2では23周で1分31秒260(13番手)を、それぞれ計測した。

 走行後、角田はチームの公式サイトを通して、「ここのコースはとても特別であり、本当に気に入っています。特にセクター2は。ターン11や16はこれまでF1では走ったことがないコーナーであり、最高に楽しめました」と、ポジティブに振り返ったが、FP1では自身もスピンを喫したように、新設コースならではの難しい点についても指摘している。

「まだ、このコースについて学んでいる最中です。予想よりも滑りやすく、レコードラインを逸れるとタイヤはすぐにグリップを失ってしまいます。何台かの車がそうなるのを見ました。これまでのコースと比べて、ここまでは少し苦労していますが、徐々にペースを上げていく必要があります。車のバランスにもまだ満足していませんが、予選に向けてうまく全てをまとめて行ければと思います」

 チームメイトのピエール・ガスリーはFP1で5番手、FP2で7番手の好タイムを計測したこともあり、チームはSNSで「新しいコースから学ぶことになる週末の適切なスタート」と投稿。2台の車で異なるセッティングを施すなど、データ収集に集中した初日だが、チーフ・レースエンジニアのジョナサン・エッドルスは、ドライバーについては以下のようにコメントを残した。
 「FP1で、ユウキはソフトタイヤでクリアラップを刻むことができなかったが、まだまだ車に余力があることは分かった。FP2では幾つかセットアップを変え、バランスを改善したが、ピエールが7番手と良いラップを刻んだのに対し、ユウキは必要なバランスを得られなかった。今夜、しっかり分析し、今後に向けて改善を続けなければならない」
  角田は、ケビン・マグヌッセン、ヴァルテリ・ボッタス、エステバン・オコン、マックス・フェルスタッペンとともに臨んだ合同会見で、「我々はイモラでとても良いパフォーマンスを発揮できました。ここ(マイアミ)でも、それと同じことができないという理由は何もないと思います」と語り、自信を窺わせている。

 新たな仮設サーキットについては、非常に路面がスリッピーでバンプが多く、コース幅が狭い箇所もあるなど、多くのドライバーが初日を終えて「難しいレースになる」といった内容のコメントを残しているが、その中で日本人ドライバーはいち早く感覚を掴み、2戦連続のポイント獲得に繋がるような良い予選結果を残すことができるか。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「素晴らしいレース」角田裕毅の7位入賞に各国メディアが賛辞! 本人は「スーパーハッピー」と大感激!

【関連記事】「簡単な芸当ではない」F1第4戦、7位入賞の角田裕毅に各国メディアも高採点! スタートから5ランクアップに称賛の声

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目!