現地時間5月8日、プレミアリーグ第36節が行なわれ、アーセナルは2-1でリーズを下して、リーグ4連勝を飾った。

 チャンピオンズ・リーグ出場圏内(4位以上)を盤石にするためにも、同節でリバプールと引き分けたトッテナム(5位)との勝点差を少しでも広げたいガナーズ(アーセナルの愛称)。この日は残留争いの渦中に置かれているリーズ相手に、試合開始からの10分間でエディー・ヌケティアが2ゴールを決めると、その後は主導権を握りながら、反撃を66分のディエゴ・ジョレンテの1点に抑えてみせた。

 前節ウェストハム戦で1月以来のスタメン復帰を果たした冨安健洋は2戦連続の先発出場を果たしたが、この試合ではキーラン・ティアニーが重傷を負って以降、手薄となっている左SBで起用された。

 アーセナルでは初めて右SB以外のポジションでプレーした冨安。専門メディア『Whoscored.com』によれば、ボールタッチ数は出場選手中2番目に多い101回で、シュート1本、パスも2番目に多い82本(成功率94%)、キーパス2本、ドリブル1回と、実に積極的なプレーを披露した。

 守備でも2回のタックルを成功させ、クリア2回、インターセプト2回というスタッツを記録し、リーズの攻撃の中心選手であるラフィーニャにしっかりと対応した冨安は、自身のSNSでは勝点3奪取とファンへの感謝の言葉だけを投稿。一方、ミケル・アルテタ監督は日本人選手の左SB起用について「今日の試合のためだけのもの」と説明し、「リーズが右サイドに擁している戦力を考え、今日はそうすることが正しいと信じた」と語っている。
  現地メディアからの評価も軒並み上々だ。日刊紙『Evening Standard』はアーセナルの左SB事情を説明したうえで、「トミヤスはリーズを揺らがせるなど、良いパフォーマンスを披露し、ラフィーニャを終始沈黙させた」「この日本代表選手は、アーセナルでの堅実なファーストシーズンを過ごしており、そのプレーがどれだけ彼の存在が恋しかったかを強調した」と称賛し、以下のようにも綴った。

「両足を使いこなし、空中戦でも良さを見せる冨安は、アーセナルが守備を構築する上で不可欠な存在であり、それは日曜日のように、右ではなく左SBを務めた場合でも同様だった。木曜日(12日)のトッテナムとの対決を迎えるにあたって、タイムリーに勢いをつけるものとなった」
  採点で見ると、スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』は、守備陣では最高タイとなる10点満中の「7」を与え、英国公共放送『BBC』の視聴者投票による採点ではチームで6番目の「6.67」となった。

 前述の『Evening Standard』はチーム最高タイ(守備陣では単独最高)の「8」で、寸評では「左SBでのプレーを依頼され、素晴らしい仕事を果たした。ラフィーニャを沈黙させた他、攻撃では可能な際には前に出て、ガブリエウ・マルチネッリとの好連係を見せた」と、ここでも賛辞を並べている。

 日刊紙『THE Sun』は、こちらも守備陣最高タイの「7」で、寸評では「リーズの攻撃における最大の脅威となるラフィーニャと対峙するため、通常とは異なるポジションでのプレーを懇願されたが、仕事はうまくいき、この日本代表選手は毎週、採点『7』が保証されていることを証明し続けている」と、独特の表現で称賛した。

 サッカー専門サイト『TEAMtalk』は、「セドリク・ソアレスを右SBで使うために、左にコンバートされたが、余裕でプレーしているように見えた」として、守備陣最高タイの「7」。『90min』は「8」で「ヌーノ・タバレスの代わりに左サイドで起用され、ラフィーニャの脅威を抑え切った」、『football.london』は「左後方で守備面の仕事をしっかりと果たした、さらに攻撃面のサポートでもこれ以上は望むべくもなかった。日本代表選手のプレーは安定していた」として、こちらも「8」となった。
  最後に、アーセナルの専門サイト『PAIN IN THE ARSENAL』も「8」の守備陣最高採点で、寸評は「ラフィーニャの脅威に対応するために左サイドでプレーし、このブラジル人相手に何の問題も起きなかった。左足でも余裕でプレーできることは、彼が左サイドでも問題なくプレーできることを意味する。ボールのあるなしに関係なく、彼は余裕だった」と、終始ポジティブだった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】初の左SB起用に応える冨安!攻守に存在感を放ったプレーをチェック

【関連記事】クロップが内田篤人に“金言”!? 日本のロールモデルコーチに「とにかく長い道のりになる」と送ったメッセージ

【関連記事】偉大なるオシム監督に寄せられた多くの尊敬と感謝の言葉「世紀の監督」「旧ユーゴの最も重要な名前」言葉を詰まらせた元スター選手も