現地時間5月10日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたタンパベイ・レイズ戦に「3番・DH」でスタメン出場し、5打数2安打を記録。エンジェルス先発のリード・デトマーズがノーヒットノーランに抑え、12-0でエンジェルスは大勝を挙げた。

 前日2打席連続ホームランで通算99号を放ち、「できれば明日打って、早めに超えたい」と、松井秀喜(175本)、イチロー(117本)に続く日本人3人目の偉業達成に向けて意気込んでいた大谷だが惜しくもこの日は達成とはならなかった。

 第1打席はセンターフライ、第2打席は一ゴロに倒れた大谷。8対0とリードした4回の第3打席は、2番手右腕ジェイソン・アダムと対峙。ボールカウント2-2と追い込まれた5球目のチェンジアップにうまく合わせ、センター前に落とす技ありの一打を披露した。

【動画】技ありの一打!第3打席の大谷の華麗なバッティングをチェック
  そして第4打席は、センターに抜けたと思われた当たりを放ったが、相手シフトに阻まれ遊直に。8回レイズは、敗戦処理として野手のブレット・フィリップスをマウンドに送った。そんなフィリップスを相手とした第5打席、大谷は外角高めにうまくタイミングを合わせた。あとひと伸びで入るかと思われる大きな当たりで二塁打を記録。

 エンジェルス打線が爆発し、12点を獲ったこの日。先発左腕のデトマーズが9回108球を投げ、被安打0、0失点、2奪三振、1四球でノーヒットノーランを達成した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「嘘やろ?」大谷翔平が5号ソロ&6号満塁弾!今季初の2打席連発に「涙止まらない」とファン歓喜!

【関連記事】「オオタニは神だ」大谷翔平が2打席連発&自身初の満塁弾に現地メディアも感嘆! 「完璧に粉砕した」

【関連記事】「ヤツが帰ってきた!」大谷翔平の“2打席連続&満塁弾”に同僚ら絶賛!「今年もMVPを受賞する準備は出来ている」