前節で2シーズンぶり52回目のリーグ優勝を決めたセルティック。現地時間5月13日にスコティッシュ・プレミアシップのチャンピオンシップ・グループ最終節でマザーウェルに6-0で下し、大勝利で今季を締めた。

【動画】前半だけで2得点!古橋享梧が最終戦で魅せた華麗なゴールをチェック

 本拠地セルティック・パークでのゴールショーの口火を切ったのは、今季より加入して序盤からゴールを量産し続けてきた古橋亨梧だった。21分にペナルティーエリア内で、下がりながらのターンから素早く右足を振り抜き、相手GKとゴールポストの狭い間を撃ち抜いて先制。さらに43分には、空いた前のスペースに向けて走り出し、アンソニー・ラルストンの縦パスを引き出すと、後方からの浮き球を正確にダイレクトボレーで合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。

 この素晴らしい2ゴール以外にも、40分(得点者デイビッド・ターンブル)、59分(ジョッタ)には前田大然へのパスが直後のゴールに結びついており、62分にベンチに交代でベンチに退くまで、多くの効果的なプレーを披露。最終的にセルティックでのデビューシーズンでは、リーグでランキング3位となる12ゴールを記録。国内カップ、ヨーロッパリーグを合わせた全公式戦では20得点に達した。

 最高の形で最終戦を締めた古橋は、自身のSNSに、英語で「最高の気分! ホームでファンとともに、最高の形でシーズンを終えられることができました。タイトルは我々のものだ!」、日本語で「リーグチャンピオン。ホーム最終戦で素晴らしい勝利ができて嬉しいです! 最高」と喜びを表わしている。

 最後の試合でも秀逸さを披露した27歳に対し、セルティックの公式サイトは「ギオルゴス・ギアクマキスとともに2ゴールというワンダフルなパフォーマンス」「ファンタスティックなターンで素晴らしいゴールを放ったが、その後、それ以上に良いゴールが日本人ストライカーによって生み出された」と伝えた。
  現地メディアの報道を見ると、英スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』は「相手DFのクリアミスに対し、フルハシは時間を無駄にせず、低いシュートでニアサイドのポストの脇を射抜いた」と記し、2点目については「ラルストンの完璧な浮き球のパス」と出し手の方を評価した。

 一方、英国公共放送『BBC』も「完璧なパス」と評価すると同時に、古橋のボレー弾を「楽しさに満ちたフィニッシュ」と称賛し、「日本人FWの動きは全体を通してセンセーショナルで、見事に2つのゴールを決めた」として、最優秀選手に選出している。 英国の日刊紙『The Guardian』が「フルハシが閃光を放った」と報じれば、スコットランドの日刊紙『THE SCOTSMAN』は「いきなりゴールを決め、ファンを総立ちにさせて始まった彼のシーズンが終わった。ボレーによる2点目は彼のシーズンのフィナーレに相応しいものだった」として、採点では10点満点でチーム最高の「9」を与えた。

 スポーツ専門メディア『90min』も、チーム単独最高の「9」で、寸評では「2つの素晴らしいフィニッシュを決め、ファーストシーズンで20得点の大台に乗せた。前半で仕事を終えたため、早々にベンチに退いた」と記述。

 これを上回る採点をつけたのは、日刊紙『SCOTTISH DAILY EXPRESS』の「10」点満点(他にもジョッタも)で、「前半はジョッタと素晴らしい連係を披露。相手GKを粉砕するフィニッシュで先制点を挙げ、ラルストンの浮き球から素晴らしいシュートでゴールをこじ開けた」と報じている。

 このように、メディアから絶賛された日本人ストライカーに対しては、クラブのレジェンドも賛辞を惜しまず、1999年から2006年までセルティックに所属し、4度のリーグ優勝を含む10個のタイトル獲得に貢献した元ブルガリア代表MFのスティリアン・ペトロフは、『Sky Sports』で以下のように語った。
 「キョウゴはゴールがどこにあるのかを知っており、シーズンを通して際立った活躍を見せた。1点目の時でさえ、GKがどこにいるのかを把握し、どこにスペースが空いているかを分かっていた。タイミングも完璧だ」

 クラブのレジェンドにも畏敬の念すら抱かせる古橋。ピッチ上では精力的に動き回って、常に相手に脅威を与え続けた男は、一方でマザーウェル戦の後、移動のバスの中でもお祭り騒ぎのメンバーとは対照的に、疲労のせいかテーブルに突っ伏して眠りに落ちたところを、チームメイトのリエル・アバダに撮影され、「起きろよ、フレンド。俺たちはチャンピオンだぜ」との文章とともにSNSで公開されるなど、愛される存在である一面も改めて披露したのだった(日刊紙『THE SCOTTISH Sun』より)。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】セルティック指揮官、前田大然は「4年契約」と明言!加入時レンタルも「マエダは将来にわたってここにいる」と長期契約を強調

【関連記事】クロップが内田篤人に“金言”!? 日本のロールモデルコーチに「とにかく長い道のりになる」と送ったメッセージ

【関連記事】偉大なるオシム監督に寄せられた多くの尊敬と感謝の言葉「世紀の監督」「旧ユーゴの最も重要な名前」言葉を詰まらせた元スター選手も