F1第6戦のスペイン・グランプリは今週末にバルセロナのカタロニア・サーキットで開催されるが、それに先駆け、アルファタウリの角田裕毅が意気込みを語っている。

 2週間前のマイアミGPでは、予選で今季初のQ3進出(9番手)を果たして2戦連続入賞の期待が高まった。だが決勝ではタイヤのグリップとペースの不足に苦しんで順位を落とし、終盤で追い上げたものの12位に終わるという、フラストレーションの溜まる結末を迎えることとなった。

 この米国でのレースについて、彼はチームの公式サイトを通して、「マイアミでの週末は、色々なことが入り混じったものになりました。最初はフリー走行でチームメイト(ピエール・ガスリー)と大きなギャップがあったものの、そこから進歩し、Q3という自分にとっても、チームにとっても良い結果を出せました。これは、予想以上のものでした」と振り返ったうえで、冷静にこう続けた。

「しかし、レースでは序盤で順位を落とすなど、うまくいきませんでした。ただ、全体的に見れば、ポジティブな点が多くありました」

 そして「イタリアに戻ってからは、誕生日(5月11日)をミラノで楽しく過ごしました」と明かした22歳の日本人ドライバーは、「我々はここからしばらく欧州で過ごすことになり、まずは2月の終わりに1回目の合同テストを行なったバルセロナでのレースを迎えますが、もちろん暖かくなったので、コンディションは全く違います。それでも、このコースは僕が欧州の中で最もよく知っているコースであり、2020年にはF2でスプリントレースとフィーチャーレースの両方で4位になりました」と語り、以下のように続けた。

「とてもテクニカルで、高速、中速、低速の異なるコーナーがあるバラエティ豊かなコースです。ここでは、本当に車の性能が試されます。全てのチームが、このコースのことをよく知っているので、僕らが戦うであろう中団争いはとてもタイトなものになると思いますが、今回の週末は良いパフォーマンスを発揮する自信があります」
 「それでも、毎回、安定してレースをするためには、もっと車の開発を進めていく必要があります。バルセロナでは進化を遂げられると思っていますし、簡単なことではないでしょうけど、良い結果を出して、最終的にポイントを獲得できることを願っています」

 このように自信と謙虚さの両方を窺わせる角田について、イタリアの自動車専門メディア『MOTORIONLINE』は「ここまで、浮き沈みに満ちたシーズンの主人公を演じている日本人ドライバーは、バルセロナ、モナコという欧州での2週連続のレースを利用し、チームにとっても重要なポイントを獲得したいと考えている」と記すが、昨季は見せ場なく序盤でリタイアとなったスペインGPで、異なる結末を迎えられるだろうか。

 チームメイトのガスリーは、カタロニア・サーキットについて「ここでの追い越しが難しいことは知っている。コースの性質上、それは今季の新たなレギュレーション下でも変わりはない。できるだけ前のグリッドを得る必要がある」と、予選の結果の重要性を強調している。そのためには、フリー走行で良い準備を積む必要があるが、アルファタウリが初日から着実にステップを踏んで結果を残していけるかに注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目!

【関連記事】「簡単な芸当ではない」F1第4戦、7位入賞の角田裕毅に各国メディアも高採点!

【関連記事】中嶋&亜久里以来3例目! 31年ぶりの「アジア人F1ドライバー2名同時入賞」を海外メディアも「歴史的偉業」と注目