ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは今季、ワクチン未接種問題に揺れ、最も世間を騒がせた選手の1人だった。その実力は折り紙付きだが、首脳陣にとっては頭を悩ませる存在だったと、元NBA選手でアシスタントコーチのアマレ・スタッダマイアーが吐露している。

 ネッツはケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、アービングのビッグ3を擁し、開幕前は“スーパーチーム”として優勝候補に挙げられた。しかし計算外だったのは、アービングがワクチン未接種により、ニューヨークでのホームゲームに出場できず、チームからも離脱したこと。ワクチン接種義務のない都市のアウェーゲームだけに出場する“パートタイムプレーヤー”として復帰したのは今年1月に入ってからだった。

 さらに、デュラントが故障で離脱、ハーデンをトレード期限最終日にフィラデルフィア・76ersへ放出する大きな決断を下す。1月下旬から2月中旬にかけては泥沼の11連敗を喫するも、アービングが1試合60得点をあげるなど調子を上げ、ニューヨーク市のワクチン接種規定が緩和されたことで3月下旬からようやくホームゲームに出場できることになった。

 結局、レギュラーシーズンを44勝38敗で終えたネッツはプレーイン・トーナメントに回り、第7シードとしてボストン・セルティックスとのプレーオフ1回戦に臨んだが、まさかの4連敗でシーズン敗退となった。
  2020−21シーズンから2年間、現役時代に共闘したスティーブ・ナッシュHCの右腕としてアシスタントコーチを務めたスタッダマイアーは『ESPN』の番組『First Take』で、アービングがワクチン接種を拒み、シーズンの半分以上を欠場したことがチーム作りに大きな影響をもたらしたと認めた。

「カイリーの存在は我々を悩ませた。チームケミストリーを構築するための一貫性が彼にはなかったからね。アウェーゲームでしかプレーできず、ニューヨークでのゲームには出場できない。試合スケジュールに応じてラインナップやマッチアップの変更を余儀なくされた。コーチ陣はカイリーの代わりに誰がプレーするのか、把握するのが難しかった。ケミストリーを上手くコントロールできなかったし、望むような形にはならなかった」

 名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏がナッシュHCかアービングのどちらを取るか決断すべきと主張したのに対し、スタッダマイアーはアービング放出論には否定的な見解を示した。

「それには同意できない。スティーブ(ナッシュHC)とカイリーはお互いに理解し合えるはずだ。カイリーはバスケットボールのゲームに専念しないといけない。彼はNBA75周年記念チームに選出されるべきだったと思う。熱心に、真摯に取り組めばそれだけ素晴らしい選手だ。来シーズンに向けてモチベーションを保ち、自分がトッププレーヤーだとシーズンを通して証明しないといけない」

 アシスタントコーチ退任の意向を示したスタッダマイアーだが、来季の契約がプレイヤーオプションとなるアービングを含めて、ネッツはどのようなチーム作りで立て直しを図るのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部