ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の“歴史的偉業”に同僚ブランドン・マーシュも賛辞を贈る。

 昨シーズン“二刀流”として本格的にブレイクしたサムライは、1世紀前にズバ抜けた成績を残したベーブ・ルースの記録をも次々と塗り替えた。世界中の野球ファンを魅了する圧巻のパフォーマンスを披露すると、シーズン終了後には満場一致でアメリカン・リーグMVPに輝いた。

【動画】早くも100本塁打を突破!MLB1号〜100号を全チェック

 今季もここまで快調に投打ともにスタートを切った27歳。米メディア『Fanatics View』は、そんな大谷の魅力についてマーシュに尋ねた。髭がトレードマークの男は「ショウヘイについては何度話しても楽しいよね」と口を開き、異彩を放つスターをこう絶賛した。
 「100マイル(約160.9マイル)の速球を投げて、120マイル(約193.1キロ)の打球をスコアボードに当てるんだからね。僕がフィールドで見たなかで最も信じがたいことだ」

 さらに「不可能に近いぐらいの選手」と称えたうえで、「彼は偉大な友人であり素晴らしいチームメイト。そしてとにかく全ての面で素晴らしいヤツなんだ」とべた褒めする。

 現地5月18日のテキサス・レンジャーズ戦では今季最速100.8マイル(約162.2キロ)をマークする力投を見せた大谷。チームメイトも目を疑う活躍に引き続き注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>

【関連記事】いまだ1軍に定着できない阪神助っ人ロハスJr.を韓国メディアは糾弾! 「日本野球との差を示してしまう存在に」と嘆き