競泳日本代表の大橋悠依が、自身の公式インスタグラム(@yui_ohashi_)を更新。スペインのバルセロナにある世界遺産サグラダ・ファミリアをバックに撮影した1枚の記念写真が、ファンの間で話題となっている。

【画像】「見惚れちゃう」世界遺産をバックに大橋が披露した“美脚”をチェック

 昨夏の東京五輪では200メートルと400メートルの個人メドレーで2冠を達成したスイマーは、来月ハンガリーで開かれる世界選手権へ向け、現在は欧州遠征で研鑽を積んでいる。そんな大橋は、今回サグラダ・ファミリアを訪れたようで、1枚の写真を投稿した。

 写真は、白い半袖のシャツに黒いショートパンツを合わせた大橋の姿だ。サグラダ・ファミリアの全体をカメラに収めるためだろうか、ローアングルからのショットとなっており、ショートパンツからはスラリと伸びた美脚を覗かせた。リラックスした表情の26歳は、カメラに向かって笑顔でピースをしている。
  同画像をチェックしたファンは、歓喜に沸いている。コメント欄には「脚長ーい!」「スタイル良すぎですっ」「モデルさんですか」「見惚れちゃう」「スタイル抜群ですやん!!」「ただただ美しいと言うしかないショット」などと賛辞の声が止まない。またタレントの武井壮さんは、「サグラダファミリアみたいな脚しとる!!」と反応した。

 今月下旬にはスペインとフランスで開催される欧州グランプリに出場を予定する大橋。五輪女王として見せるパフォーマンスに期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】「どう見ても37歳には見えない」と驚き!青木さんの若々しい姿をチェック

【関連画像】「足キレイ」青木愛が公開した久しぶりの“水着姿”はこちら!

【関連画像】「背中美人」とファン歓喜!池江が披露した“努力の結晶”をチェック