F1第7戦のモナコ・グランプリは5月28日に予選が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は目標としていたQ3にはわずかに届かず、決勝は11番手でスタートすることとなった。

 初日のフリー走行(FP)では2回目で全体の10番手に入るタイムを計測したものの、ほとんどの周回でトラフィックに引っかかったことで、「全てがうまくいかず、完全にストレスを感じており、思わず無線でも叫んでしまいました」という角田は、FP3では25周を走行し、11番手となる1分13秒645を計測して、大事な予選に臨んだ。

【関連記事】角田裕毅、渋滞だらけのモナコGP初日にネガティブな印象…専門メディアはトップ10入りに「アルファタウリは満足できるだろう」 Q1では、2度目のアタックでシケインに突入した際に左フロントタイヤをガードレールに当ててパンクさせ、赤旗の原因を作る。ピットに戻ってタイヤ交換などの応急処置を施した後、最終アタックで9番手に上げて突破を決めたものの、残り2分での予選再開という混乱の中で、チームメイトのピエール・ガスリーら数名のドライバーが、タイムアップまでにアタックに入ることができず、敗退の憂き目に遭うこととなった。

 そしてQ2では、1分12秒797を計測したが、次々に更新されていく中で、自身はタイムを上げることができず、10番手のフェルナンド・アロンソとは0.109秒の差で、Q3進出に手が届かなかった。

 予選後、角田はチームの公式サイトを通して「今日はがっかりする1日でした。Q1ではバリアに接触して左のフロントを傷めてしまいました。赤旗でガレージに戻って修理することができましたが、幾つかダメージを負ったことで、パフォーマンスにも影響を与えることになりました」と、やはりシケインでの一件は大きな問題となったことを強調するとともに、ガスリーについても言及している。

「残念なことに、これでピエールの予選を危険に晒すこととなり、結果、彼はQ1を突破できませんでした(17番手)。今日は、両ドライバーともにQ3進出のポテンシャルがあったので、本当に残念に思っています。明日の決勝で、2人ともにポイントを獲得するための最高のチャンスは、ウェットレースになることだと思います」

 また、予選後のインタビューでも「ピエールのラップを邪魔したことで、チームには謝罪しました。僕がこの状況を作ってしまったのは明らかなので。最初のタイヤのセットには違和感があったのが、2番目のセットでは突然グリップを感じました。チームには申し訳なく思っています。Q3に進出できる可能性はあったと思いますが、早い段階で車にダメージを与えてしまいました」と、反省の弁を述べた。
  これに対し、ガスリーは「FP3でも5番手につけていたし、予選を楽しみにしていた。6番手ぐらいに入ることは可能だった」と無念さを露にし、「ユウキはチェッカーフラッグが振られる1秒前ぐらいにラインを通過したが、彼の背後につけていた自分は間に合わなかった」とタイムアップの瞬間を振り返ったが、このフランス人ドライバーの不満は、角田ではなく、チームに向けられている(英国のF1専門サイト『planetf1』より)。
 「他のチームが、Q1では3、4回のアタックを予定していたのに対し、我々は2回だけということになった。我々には、こういう(戦略の)ミスが多すぎる。過去の数レースでも、代償を支払わされている。チームに対して失望しているのは、我々がもっと良い結果を得るのに相応しいからだ。にもかかわらず、我々は十分な仕事を果たせていない」

 彼はまた、他の何人かのドライバー同様に赤旗を出したレースコントロールの決定にも疑問を呈したものの、「とはいえ、残り時間は誰にとっても同じ長さであり、我々は時間までにコースに入ることができなかった」と、やはり自身を含めたチームとしての責任を指摘した。

 オーストリアのモータースポーツ専門誌『MOTORSPORT MAGAZIN』は「皮肉なことに、角田が“沈没”引き起こした」「予選Q1での角田の事故が、ガスリーの“災害”を誘発した」と報じるも、「日本人ドライバーは左フロントを傷めたものの、走行を続けることができた。にもかかわらず、レースコントロールはセッションを中断したことで、再開後の混戦を引き起こし、ガスリーは大きな犠牲を払うこととなった」とも綴り、こちらも運営側の裁定に言及している。

 アルファタウリはSNSで「我々が望んでいた予選ではなかった」「より良い結果を出せるだけのペースが車にはあっただけに、チームにとってはタフな1日となった」と投稿し、テクニカルディレクターのジョディ・エギントンも「両ドライバーがトップ10入りする良い機会を逃した。ドライバー、チームの働きは、間違いなくそれに値した。そして車も十分に良かった」と悔やんだが、決勝の角田については「良いスタートを切って順位を上げれば、追い越しが難しいだけに、ポイントを獲得できるだろう」と期待を寄せた。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】スペインGP10位入賞の角田裕毅に各国メディアは軒並み高採点&称賛コメント! 苦労の末のポイント獲得に「素晴らしい週末」

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目!