2021−22シーズンのオールNBAチームが現地時間5月24日(日本時間25日)に発表され、1st〜3rdチームまで、計15人の精鋭が選ばれた。NBAの発表では票数を獲得した全選手の内訳も明かされており、今季29試合しか出場していないカイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)に1ポイントが入っている。そのアービングへの“唯一の投票者”であるジェイレン・ローズは、自らの判断を悔いているという。

 全世界のスポーツ記者と放送局関係者計100人の投票によるオールNBAチームは、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が唯一の満票で1stチームに選出。そのほかにヤングスターのルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)、2年連続MVPのニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)、初の1stチーム入りとなったジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)とデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)が名を連ねた。1st〜3rdチームまでの顔ぶれは以下の通り。(チーム名はフランチャイズを省略)
 ■1stチーム
F:ヤニス・アデトクンボ(バックス/27歳/500ポイント)
G:ルカ・ドンチッチ(マーベリックス/23歳/476ポイント)
C:ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/27歳/476ポイント)
G:デビン・ブッカー(サンズ/25歳/460ポイント)
F:ジェイソン・テイタム(セルティックス/24歳/390ポイント)

■2ndチーム
C:ジョエル・エンビード(シクサーズ/28歳/414ポイント)
G:ジャ・モラント(グリズリーズ/22歳/301ポイント)
F:ケビン・デュラント(ネッツ/33歳/276ポイント)
G:ステフィン・カリー(ウォリアーズ/34歳/274ポイント)
F:デマー・デローザン(ブルズ/32歳/184ポイント)

■3rdチーム
C:カール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ/26歳/174ポイント)
F:レブロン・ジェームズ(レイカーズ/37歳/169ポイント)
G:クリス・ポール(サンズ/37歳/114ポイント)
G:トレイ・ヤング(ホークス/23歳/110ポイント)
F:パスカル・シアカム(ラプターズ/28歳/63ポイント)
  NBAが発表した投票結果では、オールNBAチーム入りした計15人のほかに、ポイントを獲得した12名の名前と内訳も明らかとなっている。3位票を1票、計1ポイントを獲得した7人のうち、最も疑問が残るのがアービングだ。

 アービングは新型コロナウイルスのワクチン接種を拒み、接種義務があるニューヨーク市でのホームゲームに出場できないため、開幕前にチーム活動から外れた。その後、故障者などが続出したこともあり、今年1月にワクチン接種義務のないアウェーゲームだけ出場する“パートタイム・プレーヤー”として戦列に復帰。ニューヨーク市のワクチン接種義務が緩和された3月下旬にホームゲームにも出場可能となったが、リーグ8位相当の平均27.4点、同9位相当の3ポイント成功率41.8%、4.4リバウンド、5.8アシスト、1.41スティールを記録した一方で、出場試合数はわずか29にとどまった。

 アービングに1票を投じたのは、元NBA選手で現在は『ESPN』のアナリストを務めるローズだった。同局の番組『NBA Countdown』で、「私はカイリー・アービングにオールNBAの3rdチーム票を投じた唯一の人物なので、自戒する必要がある。彼の才能に魅了されたが、3rdチームに入れようとするのは間違いだった」と“悔恨”の言葉を述べた。
  これには名物コメンテーターのスティーブン・A・スミスも「なんだって!」と驚き。「カイリー・アービングを選んだ理由を説明してほしい。今年は29試合しか出場していない、つまり53試合も欠場しているということだ。どうしたら彼がオールNBA3rdチームに?今シーズンのどこを切り取ったらそうなるんだ?」とローズを糾弾した。

 ローズは「間違いだった。酷い判断だった」と弁明。「実にユニークなシーズンだったと思う。プレーすると決めた時のカイリー・アービングはリーグのどの選手よりも支配的で、トップ15に入るパフォーマーだった」と語り、出場した試合でのパフォーマンスは優れていたと説明したが、スミスから「まず、カイリー・アービングの素晴らしい才能に疑問を呈す者はいない。人気があり、壮観なプレーをする。しかし、ワクチン接種を望まず、出場できないステータスを記録に残してしまった。シーズンの大半を欠場してわけだから、彼は“オールGリーグチーム”にさえ入れない。気が狂ってないとそんな判断は下せない」と辛辣な言葉を浴びせられていた。

 思わぬ形で槍玉に挙げられてしまったアービング。来季は文句なしの活躍を披露し、オールNBAチーム入りを果たしてほしいところだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!