F1第7戦のモナコ・グランプリは5月29日に決勝が行なわれ、11番グリッドからスタートしたアルファタウリの角田裕毅は、完走した中では最下位となる17位に終わった。

 強い雨の中、いったんセーフティーカーに先導されてフォーメーションを行なうもピットで待機となり、約1時間後にスタート。角田は11番手を守りながら周回を重ねたが、ピットインで順位を落とすと、その後は後方でのレースを余儀なくされる。赤旗での中断明けにはハードタイヤで追い上げを狙うも奏功せず、逆に終盤にターン1での連続のオーバーランによって最後尾に下がり、そのままレースを終えた。

【関連記事】角田裕毅、渋滞だらけのモナコGP初日にネガティブな印象…専門メディアはトップ10入りに「アルファタウリは満足できるだろう」
 見せ場なく伝統のレースを終えた角田は、チームの公式サイトを通して「フラストレーションの溜まる1日でした。良いスタートを切ることができず、赤旗が出る前は16番手まで順位を落としました。何が起こったのかを調べる必要があります。レースでの車のペースは良く、レース再開ではミディアムタイヤに換えるというちょっとした賭けに出ましたが、残念ながら戦略は当たりませんでした」と、ポジティブに振り返っている。

 また、レース後のインタビューでも「突然、11番手から16〜17番手になったりと、何が起こったのか分かりません。ペースはとても良かったのに、どうにもなりませんでした」と心情を明かし、接触寸前だったジョウ・グァンユ(アルファロメオ)とのバトルについても「16番手の争いあり、僕にとっては何もありませんでした」と語るだけだった。

 このように、角田が戸惑いすら感じたこのレース、彼は各ドライバーのファステストラップのランキングでは、ランド・ノリス(マクラーレン)の1分14秒693に次ぐ、1分15秒334という全体の2位となるタイムを計測。ちなみに昨季も、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に次ぐ2位であり、この悪コンディションに振り回された失意のレースでも、速さは示したと言えるかもしれない。
  予選で戦略ミスなどによってQ1敗退を喫したピエール・ガスリーは、決勝レースで必死に攻めたものの惜しくも11位に終わっており、アルファタウリは「フリー走行では力強さを見せた後での、このような週末は、我々が望んでいたものではなかった」とSNSで無念さを表わしたが、テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは「この週末の主な教訓は、日曜日にチャンスを最大限に活用するために、土曜日にしっかり準備を整える必要があるということだ」と、自戒の念を込めて語っている。
 
 海外メディアの反応を見ると、オランダのF1専門サイト『GRAND PRIX RADIO』は「角田は11番手からレースを始めたが、それを思い出せないほど、彼は多くの時間をそれより下の順位で過ごし、最後は最後尾でフィニッシュラインを越えた。彼にとっては予想外の不調であり、車の調子は良かった」と報じた。

 また、英国の通信社『REUTERS』は、チーム単位で評価を下した記事の中で、アルファタウリについては「ガスリーは速いタイヤ交換(ウェットからインターミディエイト)で2度の強力な追い越しを見せ、最終的に17位から11まで順位を上げたが、角田はスタートが悪かった。彼は、ウェット、インター、ハード、ミディアム、ソフトの全種類のタイヤを使った、唯一のドライバーである」と綴っている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】スペインGP10位入賞の角田裕毅に各国メディアは軒並み高採点&称賛コメント! 苦労の末のポイント獲得に「素晴らしい週末」

【関連記事】角田裕毅がスペインGPに“自信”と“慎重”さを覗かせる。欧州メディアは「浮き沈みに満ちたシーズンの主人公」と分析

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目!